二重切開法後、いつからマツエク付けられる?

未分類

魅力的な目元にするため、二重切開法とマツエクのどちらも検討する方は少なくありません。

その場合「マツエクをつけたまま切開法を受けられるのか」「切開法を受けた後はいつからマツエクをつけられるのか」といった点が気になるところです。

そこで今回は、切開法とマツエクについて解説していきます。

二重切開法もマツエクもどちらも検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

マツエクをつけた後に切開法は受けられる?

「切開法後しばらくマツエクできないなら、先に付けておけばいいんじゃない?」と考える人もいるかもしれませんが、切開法を受ける前にマツエクをつけることはおすすめできません。

手術のやりづらさから仕上がりに影響が出ることもある上、稀に傷口が接着剤でかぶれてしまったり、炎症が起きてしまったりすることもあります。

そのため、マツエクをしていない状態で埋没法を受けた方が衛生的で安全だと言えるでしょう。

また、手術の過程でマツエクが数本取れてしまうこともあります。

せっかくつけたマツエクが取れてしまうのはもったいないので、手術の前につけるのは控えた方が良いでしょう。

切開法後はいつからマツエクをつけられる?

切開法を受けた後は腫れや内出血が起こります。

大きな腫れは2週間程度で落ち着くことが多いですが、その後も小さな腫れを繰り返しながら徐々に回復し、早い方だと1ヶ月ほど、遅い方だと半年程度でまぶたが完成するのが一般的なケースです。

腫れている間はまぶたの皮膚が敏感になっており、接着剤が原因で炎症を引き起こしてしまう恐れがあります。

そのため、切開法を受けてからマツエクをつける場合、最低でも1ヶ月程度は空けた方が良いでしょう。

術後のマツエクでまぶたが炎症を起こしたら?

もしマツエクをつけた際にまぶたが炎症やかぶれを起こしたら、速やかにマツエクをつけたお店に連絡して外してもらいましょう

マツエクを外したい時は、専用のリムーバーで免許を持ったアイリストに外してもらう必要があります。

決して自分でまつ毛を引っ張ったり、こすったりして外すそうとしないようにしてください。

まぶたに負担がかかり、余計に悪化してしまう可能性があります。

マツエクを外しても炎症やかぶれがおさまらない場合は、切開法を受けたクリニックに相談しましょう

まとめ

いかがでしたか?

魅力的な二重とまつ毛を手に入れるためには、いくつかの注意が必要です。

今回の情報を参考に、ぜひ満足のいく目元を手に入れてください。

また、万が一トラブルが起きた場合に備えて、保証やアフターフォローの手厚いクリニックを選ぶことも大切です。

最後におすすめのクリニックを紹介するので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

大塚美容形成外科・歯科

大塚美容形成

大塚美容形成外科は、40年以上の歴史を誇り、経験豊富なベテラン医師が多く在籍するクリニックです。

過去に放送された人気番組「ビューティコロシアム」にて、全ての外科手術を担当した実績を持つ医師も在籍しており、高い技術力と信頼性があることから多くの方に選ばれています

そのため「実績のある医師に手術して欲しい」「経験の浅い医師に当たりたくない」と考える方にぴったりのクリニックです。

施術名金額
ナチュラル埋没法(2点留・1年保証)84,000円

公式サイトへ

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは、患者さんからの信頼を重視して美容医療を提供しているクリニックです。

二重の施術では、顔のバランスを考えて、一人ひとりに合った二重を提案しています。

また、症例写真やシミュレーションを用いて完成イメージを共有してくれるため、医師とイメージのズレがなく安心して治療を任せることができるでしょう。

施術名金額
埋没法 マイクロメソッド+α (2点留)両側181,500円

公式サイトへ

ガーデンクリニック

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックは「一人ひとりに合った美容医療の提供」を診療方針に掲げ、幅広い年代の患者さんに美容医療を提供しているクリニックです。

新しい医療技術や機材にも常に目を向け、1人でも多くの患者さんの悩みを改善しようという姿勢で取り組んでいます

また、年中無休で知識の豊富なスタッフが在中しているため、不安や疑問があったときに電話やメールですぐに相談できることは嬉しいポイントです。

施術名金額
埋没法(2点留)20,000円

公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました