埋没法の翌日はどんな状態?注意すべき行動も紹介!

未分類
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 二重整形-4.png

埋没法をする上で気になるのが手術翌日の状態です。

まぶたの状態次第ではスケジュールを調整しなければなりません。

そこで今回は「埋没法の翌日はどのような状態なのか」「手術翌日に気をつけることは?」といった疑問に答えていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

埋没法の翌日はどんな状態?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 鏡で目を見る女性-2-1-1024x683.jpg

埋没法を受けたらすぐに理想の二重になると思っている方もいるかもしれませんが、数日間は腫れや内出血が目立ってしまい、理想の状態ではない場合がほとんどです。

ダメージの少ない埋没法とはいえ、麻酔で針を刺したり、まぶたに糸を通したりといった行為を行う以上、腫れや内出血をゼロにすることはできません。

基本的に、人前に堂々と出られる状態ではないと考えておいた方が良いでしょう。

手術翌日に予定を入れても大丈夫?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: カレンダー-1024x768.jpg

最低でも2〜3日程度は安静にできるよう、予定を開けておいた方が良いでしょう。

特に翌日は腫れのピークと言われており、目を酷使することでさらに悪化させてしまう可能性があります。

回復期間にも個人差があるので、心配であれば1週間程度は予定を開けておいた方がいいかもしれません。

術後に注意すべき行動

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: アイメイク-1024x682.jpg

入浴

身体が温まることによって血行が良くな、腫れがひどくなってしまうことがあります

そのため、施術後3日目くらいまではシャワーにするか、どうしても湯船に浸かりたい場合はぬるめの温度にしておいた方が良いでしょう。

メイク

腫れや内出血が目立つ場合、ついメイクで隠したくなってしまいます。

しかし、傷口から細菌が入ってしまう可能性があるため、しばらくは様子をみた方が良いでしょう。

目元のメイクは3日後あたりから再開できることが多いですが、可能であれば1週間程度はアイメイクを控えた方が安心です。

コンタクト

施術直後はコンタクトの使用ができないため、メガネを用意しておきましょう。

3日程度経って状態が良いようならできますが、まぶたを引っ張ってしまうと糸が切れてしまう可能性があるので注意が必要です。

お酒

アルコールにより血行が良くなり、腫れがひどくなってしまうことがあります。

そのため、1週間程度は飲酒を控えた方が良いでしょう。

まとめ

埋没法の翌日の状態や、注意すべき行動を紹介しましたが、いかがでしたか?

もし手術の翌日や直近に予定があるようであれば、一度スケジュールを見直した方が良いかもしれません。

ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

施術後の不安が残るようであれば、こちらの記事もおすすめです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました