埋没法をした後に洗顔はできる?

未分類

手軽に二重を手に入れられる施術として人気なのが埋没法です。

しかし、まぶたに糸を通して二重のラインを作るという特性上、目に負荷がかかることで、糸が切れたり緩んだりしてしまうというデメリットがあります。

そのため「洗顔は大丈夫なの?」といった心配の声や疑問も少なくありません。

そこで今回は埋没法後の洗顔について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

埋没法後の洗顔は可能?

早速本題に入りますが、埋没法後の洗顔は施術当日から可能な場合が多いです。

まぶたの状態にもよりますが、多くのクリニックで当日の洗顔をOKとしています。

しかし、まぶたへの負荷はできる限り避けた方が良いので、可能であれば2〜3日は洗顔を控えた方が安心でしょう。

洗顔の仕方に注意

施術当日から洗顔可能とはいえ、目を強くこするような洗顔はやめましょう

強い刺激を与えることで、糸にトラブルが起きたり、まぶたの腫れが悪化してしまったりする可能性があります。

そのため、泡を使い優しく洗うことがポイントです。

クリニックの指示が重要

埋没法後のまぶたの状態によっては、当日の洗顔を制限される場合もあります。

自己判断で洗顔をしてしまうと、万が一の場合に保証が受けられなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

安易な自己判断は避け、クリニックや医師の指示に従うことが大切です。

その上で異変を感じた場合は、速やかにクリニックへ相談しましょう。

まとめ

今回は、埋没法後の洗顔について紹介しました。

ほとんどの場合、施術当日から洗顔はできるとされていますが、あくまでも目安なので医師の指示に従うようにしましょう。

また、施術後に気をつけなければいけないことは洗顔以外にもいくつかあります

他の記事も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました