【埋没法後】縫い目にニキビのようなデキモノができる?原因と対処法を知ろう

埋没法

埋没法を行い、「うまくいった!」と思ってもしばらくすると縫い目にニキビのようなできものができることがあります。やはり不安になってしまうと思います。

そこで本記事では埋没法後縫い目にニキビのようなデキモノができる原因、合わせて対処法も解説していきます。ぜひ読み進めてみて下さい。

縫い目にニキビみたいなものができる原因

アレルギー反応

埋没法に使用する糸は、髪の毛よりも細い糸を使用します。しかし異物であることに変わりはありません。

そのため、人によっては体が糸を異物と判断してアレルギー反応を起こす可能性もあります。

感染を引き起こしている

糸に細菌などを付着することで炎症が起きること「感染」と言います。

感染が起きることでニキビのようなできものができることも考えられるのです。

これは、糸がきちんと埋没されていなかったり施術後にまぶたを触りすぎてしまったりすることで起こりやすくなります。

ニキビみたいなものができた場合の対処法

基本的に感染やアレルギーを起こしてしまった場合、目元を留めている糸を取らなければいけません。(糸を取る=抜糸)
抜糸を行うことで1日〜2日で症状は改善していきます。

抜糸した直後は赤い点が見られますが数日経つと穴が塞がってくるので安心して下さい。気になる場合はメイクでカバーも可能です。

注意

・糸が複雑な場合は切開範囲を広げて抜糸を行うため、色素沈着を起こす可能性も

【危険!】やってはいけないこと

万が一、できものができてしまったとしても自身で潰さないようにして下さい。また、自分で取ろうとしたり何度も触ったりすることも避けましょう。

傷跡が残ってしまったりさらに悪化してしまう可能性もあります。

上記でも説明しましたが必ず医師に診てもらって下さい。

注意

何があっても絶対に触らない!触りすぎないで!

おすすめクリニック

埋没法は医師の技術力・経験・そしてカウンセリングの対応能力が非常重要です。どれか一つでも欠けてしまうと術前〜術後まで安心はできません。

今回はそういったことを踏まえた上で、定評のあるクリニックを2つ紹介していきます。

無料でカウンセリングを行っているクリニックもあるので、参考にしてみて下さい。

大塚美容形成外科・歯科

ドクターA
ドクターA

カウンセリングが無料なので気軽に相談しやすいですよ

大塚美容形成外科は開院から40年以上の歴史を持つ美容クリニックです。

フジテレビ系列で2001年10月から2014年1月まで放送された人気番組「ビューティーコロシアム」で全面協力した医師も在籍しています。

また、日本美容外科学会の専門医資格、日本形成外科学会の専門医資格を取得している医師が治療行ってくれるため納得のいく仕上がりを手に入れられるでしょう。

施術名金額(税抜)
ナチュラル埋没法(2点留・1年保証)84,000円
切開法310,000円

▽詳細Click▽

聖心美容クリニック

ドクターA
ドクターA

開院から25年以上の美容クリニック

聖心美容クリニックは形成外科や美容外科のみならず美容皮膚科や美容内科、さらには美容再生医療などといったさまざまな領域の治療を行っているクリニックです。

「聖心に行けば、質の高い美容医療が何でも受けられる」と思ってもらえるよう日々誠心誠意患者さんと向き合っています。

また、施術メニューも豊富でそのなかから適した治療を選択してくれるため初めての治療でも安心です。

カウンセリングではシミュレーションを設けていることもあり術後のイメージがしやすいところも魅力と言えます。

施術名金額(税抜)
埋没法 マイクロメソッド+α (2点留)両側181,500円
切開法(部分切開・全切開)両側330,000円

▽詳細Click▽

まずはカウンセリングへ

今回は、埋没法後縫い目にニキビのようなできものができるその原因と対処法について解説していきました。いかがでしたでしょうか?

いくつかの原因を説明していきましたが、基本的に自己判断をせず必ず医師に相談してみて下さい。もちろん、特に問題が無い場合もありますが感染やアレルギー反応を起こしている可能性も考えられます。

しかし経験や知識のない医師の場合、それらを判断できないこともあります。そのため、技術力や経験、そして知識もある医師に治療を行ってもらうことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました