埋没法の内出血をできる限り抑えたい!原因や対策を紹介!

未分類

埋没法は整形手術の中でもダメージの少ない施術ですが、それでも腫れや内出血が起こる場合があります。

目は印象を大きく左右するパーツなだけに、痛々しい痕が残るのはできる限り避けたいところです。

そこで今回は、内出血が起こる原因や、内出血を抑えるためにはどのようなことに配慮すればいいのか、といった点を解説していきます。

1日でも早く治すことができるように、ぜひ参考にしてみてください。

内出血が起こる原因

内出血は、皮下組織にある血管が切れ、皮下に血液が溜まることで起こります。

埋没法では、針が血管に当たることで内出血が起こるのです。

「医師に問題があったのでは?」「もしかして失敗した?」と不安になるかもしれませんが、時間と共に消えていくので過度の心配をする必要はありません。

治るのにどれくらいかかる?

個人差はありますが、目立たなくなるまでに通常2週間〜1ヶ月程度と言われています。

内出血が悪化するような行動をとると長引かせてしまうので、日常でどのような配慮をすべきか紹介していきます。

早く治すにはどうしたらいい?

内出血の悪化を防ぎ、早く治すためのポイントを紹介します。

なるべく体を起こしておく

目と心臓が同じくらいの高さにあると、身体を起こしている状態に比べてまぶたに血が溜まりやすくなってしまいます。

そのため、手術の直後に横になることは控えた方が良いでしょう。

就寝時はどうしても横になるので、その場合は肩枕や少し高めの枕を使用するなどして頭の位置を高くしておくと、腫れや内出血がひどくなるのを抑えることができます

長湯しない

血管は体が温まると膨張し、血液の流れが良くなります。

そうすると、内出血が起こりやすくなってしまうのです。

そのため長時間の入浴は避け、術後2,3日はシャワーにするようにしましょう

激しい運動は控える

運動をすることでも体温が上昇し、血液の流れが良くなります。

まぶたの状態にもよりますが、手術後10日程度は激しい運動を控えた方が良いでしょう。

お酒を控える

アルコールを摂取して顔が赤くなるのは血流が良くなっているためです。

内出血が強く出てしまう可能性があるため、状態が良くなるまで飲酒を控えるようにしましょう。

まとめ

内出血は時間が経つと消えていくものなので、跡が残ってしまうといった心配をする必要はありません。

だからといって何もケアしないと、内出血が長引いたり悪化してしまったりするため、日常生活にも支障をきたす恐れがあります。

1日でも早く治すためにも、ぜひ今回の情報を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました