埋没法をすると目やにが出やすくなる?

未分類

埋没法は、比較的ダメージの少ない施術ですが、術後に腫れや目やになどのトラブルが起こることもあります。

急に普段よりも目やにが発生するようになったら心配ですよね。

そこで今回は、埋没法後に目やにが出る原因や対処法を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

なぜ目やにが出やすくなるのか

そもそも目やにとは、ゴミや細菌、ウイルスなどの異物を体外へ排出する免疫反応です。

埋没法の後に目やにが出やすくなるのは、施術の際に針や糸によって目の周りの細胞が傷つき、異物や細菌を体外へ排出しようとしていることが原因だと考えられます。

そのため、目やにが出やすくなることはごく自然な反応と捉えて、心配する必要はないでしょう。

目やにを抑えるためには

施術後に目やにが出やすくなるのは異常ではないとわかっても、あまりにも目やにが出るようであれば気になってしまいます。

そこで、少しでも目やにを抑えるために重要なポイントをお伝えします。

それは目の周辺を清潔に保つことです。

清潔なタオルの使用、入念な手洗い、メイクやクレンジングの使用を避けるなど、細菌や刺激に気を付け、まぶたをケアしてあげましょう。

また、目やにが気になるからといって強くこすって取ると、その刺激で細胞が傷つき、余計に状態が悪化してしまうことがあります。

そのため、目やにを取る場合は清潔なタオルや綿棒を使い、優しく取るようにしましょう

目やにが止まらない場合は

目やには術後3日をピークに徐々におさまっていき、1週間程度で落ち着いてくることが多いと言われています。

もし1ヶ月以上経っても目やにが多く、日常生活に支障が出るようであれば注意が必要です。

稀に糸がうまく埋め込まれず、まぶたの内側でこすれてしまい、それが原因で目やにが止まらないということもあります。

そのままだと眼球を傷つけることもあるため、まずは埋没法を受けたクリニックで診てもらうと良いでしょう

リスクを避けるためにもクリニック選びが重要

糸が原因で目やにが出てきている場合は、抜糸も検討することになるでしょう。

極力このようなことにならないよう、実績や信頼のおけるクリニックを選びましょう

また、いくら医師の腕が良くても、たまたま糸が出てしまったという場合もあるため、保証制度のあるクリニックを選ぶと万が一の時も安心です

そのような点を踏まえて、最後に埋没法でおすすめのクリニックを紹介します。

後悔しないためにも、しっかりと情報を吟味して、慎重に選ぶようにしましょう。

大塚美容形成外科・歯科

大塚美容形成

大塚美容形成外科は、15〜40年以上の美容形成外科医歴を持つベテラン医師が多く在籍する美容クリニックです。

埋没法では、3種類のメニューを用意しており、どの施術においてもほとんど腫れないことを強みとしています。

まぶたへのダメージが少ないことは、施術後のトラブルを抑えることにも繋がるでしょう。

また、プランによって1年保証・5年保証・10年保証など、長期間の保証がついているところも安心ポイントです。

施術名金額
ナチュラル埋没法(2点留・1年保証)84,000円

公式サイトへ

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは「質の高い美容医療の提供」を掲げ、患者さんに真心で寄り添うことを目指しているクリニックです。

埋没法では、腫れを極限まで抑えた聖心美容クリニックのみで受けられる手法【メイクロメソッド+α】を採用しており、術後のトラブルが少ないことから高い人気を誇っています。

また「二重の幅を変更したい」といった個人的な希望であっても3ヶ月以内であれば1回まで無料で調整してもらうことができるなど、充実したアフターケアも魅力のクリニックです。

施術名金額
埋没法 マイクロメソッド+α (2点留)両側181,500円

公式サイトへ

東京中央美容外科

東京中央美容外科

東京中央美容外科は、全国に30院以上の分院を展開する人気の美容クリニックです。

中でも目元の治療が人気を誇り、高い技術力と豊富な経験をもとに理想の二重を叶えています。

埋没法の保証に関してはプランによって保証の内容が異なりますが、感染や抜糸が必要なトラブルの場合は保証期間関係なく一生涯無料で再施術が受けられるため、安心して治療を任せることができるでしょう。

施術名金額
スタンダードクイック法(2点)14,300円

公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました