埋没法の抜糸について知りたい!すぐにやり直しはできる?

未分類

埋没法は糸で二重のラインを作る施術のため、抜糸をすることで元の状態に戻すことができます。

施術を受ける前にやり直しができることを理解していれば、より安心して治療に臨むことができるでしょう。

そこで今回は、埋没法の抜糸について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

どのような人が抜糸を希望する?

せっかく時間やお金をかけて埋没法を受けたのに、なぜ「抜糸」という選択をするのでしょうか。

ここでは抜糸を希望する人の理由を紹介します。

目に強い痛みがある

「目がズキズキして痛い」「痛みで涙が止まらない」など、埋没法の施術後痛みに悩まされることがあります。

時間が経っても痛みがおさまらない場合、放置することで眼球を傷つけてしまう恐れもあるため、止むを得ず抜糸を選択するケースがあります。

理想の二重と違った

埋没法は必ずしも理想の二重になるとは限りません。

「二重の幅が理想よりも広すぎる」「このままだと人に会えない」などの理由で、やり直しをするために抜糸を希望するケースがあります。

このように納得のいかない場合、修正することができることも埋没法のメリットと言えるでしょう。

まぶたに黒い点がある

糸の結び目が浅い位置にある場合、時間が経ってもまぶたに黒い点が残ることがあります。

このような場合は糸が出てきてしまう心配があるため、抜糸して埋没し直すケースがあるのです。

施術時間

状態によって全く異なり、10分程度で終わる事もあれば、1時間以上かかることもあります。

埋没法で埋め込んだ糸の結び目を探し出し、糸を取り除くわけですが、結び目がまぶたの深い位置に入ってしまっていると探し出すのは困難になります。

場合によっては時間をかけても見つからない事もあるため、必ず糸を取り除けるとは言えません。

料金

クリニックにより異なりますが、相場として片目2〜4万円、両目4〜8万円程度です。

また、糸の留め数によっても料金が異なる場合が多く、1点増えるごとに+2〜4万円程度が目安です。

抜糸後すぐに埋没法を受けることは可能?

抜糸をする際には目薬のような点眼麻酔や、注射で部分麻酔を使用しておこないます。

その際、まぶたが麻酔の水分を含むことによって、術後に少なからず「腫れ・むくみ」の症状が出ます。

そのような状態では、正確に仕上がりを想定して二重のデザインを行うことができません。

そのため、すぐに再度埋没法を受けることは難しく、1~2週間程度の腫れを引かせる期間が必要になります。

まとめ

今回は埋没法の抜糸について解説していきましたが、いかがでしたでしょうか?

万が一うまくいかなかった場合でも、やり直しができることがわかれば安心して理想の自分へのチャレンジができると思います。

この記事を読んで、皆さまの疑問や不安が少しでも晴れたのであれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました