埋没法は時間が経つと緩む原因とは?その対処法も

埋没法

せっかく高いお金と勇気を出して埋没法を行ったにも関わらず、「緩んできてしまった」「緩んでいるかもしれない」という方もいると思います。

緩んでしまう原因は人それぞれです。そのためまずは焦らずにその原因を知った上で対処をしましょう。

本記事では埋没法が緩む原因と対処法や、緩んできているのか判断する方法を解説していきます。

埋没法後にまぶたがゆるむ原因

糸の質

埋没法には医療用の細い糸を使用しますが、その糸の質はあまり良くなかったということが考えれます。

また、糸の質は良かったとしても自身の肌質と合わない場合もあるため治療前に確認しておきましょう。

体質によるもの

体質によってまぶたが戻りやすい人もいます。特にまぶたの皮膚や脂肪が厚かったり、腫れぼったいまぶたの方は注意が必要です。
また目を開く力が弱いという方も戻りやすいと言われています。

目をいじったり擦ったりする癖がある方で後戻りしてしまったという事例もあるためなるべく目元を強くいじらないことが大切かもしれません。

結び方があまい

埋没法は数カ所を糸で留めますが、その留め方があまい場合どうしても取れやすくなってしまいます。

基本的に経験を積んでいる医師であればこのようなことはほとんどないのですが、経験値の浅い医師が治療を行うことでこういったことが起こる危険性はどうしても高まってしまうのです。

埋没法が緩んでいるかもしれない状態

「埋没法が緩んでしまった」と言ってもどのような状態を指しているのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

分かりやすい例としてひとつは、二重ラインの食い込みが浅くなる状態が挙げられます。「徐々に薄くなってきている」「左右どちらかと比較してどちらかが薄い」という場合は緩んでしまっているかもしれません。

もうひとつは二重ラインが複数できることで二重ラインが三重になる=三重になっている状態です。

緩んだ場合の対処法

そのままにしておく

埋没法で使用した糸がまぶたから飛び出ていませんか?飛び出ていないのであれば基本的にはそのままの状態で良いと言われています。

もし飛び出ていたり、何か気になる状態であったりする場合は医師に確認してもらい判断を仰ぎましょう。

再手術を検討する

再度手術を受けることを検討してみても良いでしょう。この場合、点数を変更したり施術を変更したりといった方向にしてみても良いでしょう。

埋没法が2回以上取れてしまった方や半永久的に二重にしたいという方は切開法がおすすめです。しかし、切開法だと埋没法よりも金額が高くなってしまうことやダウンタイムが少し長くなってしまうといったデメリットもあるので注意をして下さい。

また、再手術は一度治療を行っている関係から難しくなることも考えられます。そのためしっかりと技術を持った医師に行ってもらうことがポイントとなるでしょう。

・困ったことがあったら自己判断をせず、治療を受けた医師に相談してみることが大切です!

技術力の高いクリニック

埋没法の緩む原因をいくつか解説していきました。しかし、やはり医師の技術力が大きく関わってくることも事実です。

そのためしっかりと技術力や知識を持った医師に治療を行ってもらうことをおすすめします。

下記では、多くの方から信頼を集めているクリニックを3つ紹介しているので、埋没法を検討している方は参考にしてみて下さい。また、緩んだ目元の修正を検討している方も目を通して見て下さいね。

大塚美容形成外科・歯科

ドクターA
ドクターA

あの有名なテレビ番組でも美容整形を行っていた医師が在籍しています。

大塚美容形成外科は40年以上の歴史を持つ美容クリニックです。総院長の半田先生は、人気テレビ番組の「ビューティーコロシアム」で全面協力をしていた医師でした。

そのほか在籍している医師は美容外科歴、形成外科歴が数十年と言った医師が多いほか、日本形成外科学会の専門医資格も取得しているため、高度な技術力を誇っていると言えます。

カウンセリングも無料で受けられ、さらにはオンライン相談も無料なので、美容整形が初めてで不安という方にもおすすめです。

施術名金額(税抜)
ナチュラル埋没法(2点留・1年保証)84,000円
切開法310,000円

▽詳細Click▽

聖心美容クリニック

ドクターA
ドクターA

安心安全は当たり前と考えているクリニックです。

聖心美容クリニックは患者さんと真面目に向き合い続けているクリニックです。美容外科以外にも美容皮膚科、美容内科、美容再生医療など幅広い領域で治療を行っています。

また、豊富な施術メニューを構えていて、方法や効果、持続性やダウンタイムなどを考慮した上で患者さんに適した治療を提案してくれるため信頼度も高いです。

カウンセリングでは医師が直接話を聞いてくれたり、シミュレーションを導入していたりといったことが魅力とも言えるでしょう。

施術名金額(税抜)
埋没法 マイクロメソッド+α (2点留)両側181,500円
切開法(部分切開・全切開)両側330,000円

▽詳細Click▽

東京中央美容外科

東京中央美容外科
ドクターA
ドクターA

独自の仕入れルートだから低価格なのに高品質な治療が受けられます。

東京中央美容外科は安心できる治療を提供しているクリニックです。そのため丁寧なカウンセリングを心がけています。治療の説明はもちろんのこと、治療後の経過や腫れ、痛み、使用する薬の説明まで事細かに行ってくれるのです。

また、院内は完全個室制になっていることもあり周囲の目が気にならないようプライバシーに配慮をしています。

数多くの分院を構えていることもあり、自身に適した医師を選択できる点も魅力と言えるでしょう。

施術名金額
スタンダードクイック法(2点)14,300円
スタンダード83,600円

▽詳細Click▽

まずはカウンセリングへ

今回は埋没法が緩んでしまう原因についてを詳しくまとめていきました。いかがでしたでしょうか?

埋没法の緩みはいくつかの原因がありますが、医師の技術力も大きく関わってきます。そのため経験や知識の豊富な医師が在籍しているクリニックを選択することが重要です。

本記事ではおすすめのクリニックを3つ紹介しているので、まずはカウンセリングに足を運び雰囲気などを確認してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました