二重切開後の抜糸は痛いの?気になる痛みについてを解決!

切開法

二重切開後に必ず行わなければいけない抜糸ですが、その抜糸について不安を感じている人もいると思います。主にその不安は「痛み」ではないでしょうか?

そこで本記事では二重切開後の痛みについて解説していきます。また、そのほかにも抜糸の期間や痛みに配慮してくれるクリニックも紹介しているため、ぜひ目を通してみて下さいね。

ドクターA
ドクターA

美容整形でいちばんの不安が
「痛み」と答える人も多いです。

二重切開の治療の流れ

二重切開を行うにあたって抜糸はもちろん治療後に行います。どのような治療の流れになるのかを再度確認していきましょう。(※クリニックによって順番が異なる場合や項目が異なる場合もあります)

  1. カウンセリング:まずは医師やカウンセラーとカウンセリングを行います。そこで二重切開が適しているのか、施術方法などを詳しく説明してもらいます。
  2. デザイン:どのようなデザインになるのか、シミュレーションを行います。
  3. 治療:局所麻酔や静脈麻酔をし、決定したデザインのように治療を行います。
  4. 術後:医師に目元の確認をしてもらい、抜糸を行います。

抜糸はいつ頃?

前述したように、術後は医師に目元の確認をしてもらった上で抜糸となります。

抜糸は基本的に術後5〜7日後になりますが、人によって治癒するスピードは異なります。そのため日数にズレが生じることがありますが焦らなくて大丈夫です。

また、抜糸完了後はメイクで傷跡のカバーができるようになります。

気になる抜糸の痛みについて

抜糸の際、痛みに対して不安を抱えている方もいるでしょう。しかし、抜糸においては痛みを感じることはほとんどありません。縫合に使用する糸が非常に細いものだからです。

しかし、複雑な縫い合わせを行っていたり医師の経験が少ないと痛みを感じてしまうケースも考えられるので注意して下さい。

痛みへ配慮してくれるクリニックは?

痛みに対する不安は誰もが感じるものですが、やはり抜糸及び施術中の痛みは医師の技術力や対応力がかなり重要です。経験不足の医師が治療を行うことで痛みを感じてしまったり、腫れが長引いてしまったりと百害あって一利なしです。

本記事では「痛み」に対してしっかりと配慮をしてくれるクリニックを紹介しています。チェックしてみて下さいね。

大塚美容形成外科・歯科

ドクターA
ドクターA

形成外科の専門医資格を取得する医師は腕が良いですよ

大塚美容形成外科・歯科は人気テレビ番組「ビューティーコロシアム」で全面協力していたこともあり、常に注目を集めているクリニックです。

無料オンライン相談や無料でカウンセリングを行ってくれるため気軽に足を運びやすいといった声も上がっています。

形成外科の専門医資格を取得している医師が在籍しているため仕上がりはもちろん、痛みに対してもきちんと配慮してくれます。

施術名金額(税抜)
切開法310,000円

▽詳細Click▽

聖心美容クリニック

ドクターA
ドクターA

安心・安全なのは当たり前と考えているクリニックですよ。

聖心美容クリニックは患者さんが気が付いていない「こだわり」に気付いてくれる美容クリニックです。カウンセリングを重視していることもありシミュレーションを全院に導入しています。

また、施術して終わりではなく術後も医師がしっかりとチェックを行ってくれます。このようにアフターフォロー体制が整っているところも魅力と言えるでしょう。痛みに対して不安がある方にもおすすめです。

さらに、プライバシーへも配慮をしているため周囲の目が気になりません。

施術名金額(税抜)
切開法(部分切開・全切開)両側330,000円

▽詳細Click▽

ガーデンクリニック

ドクターA
ドクターA

相談しやすいってすごく重要ですよ。

ガーデンクリニックは新宿や池袋、名古屋や大阪など全国に7院を展開する美容クリニックです。1999年の開院以来、ひとりひとりに適したオーダーメイドの美容医療を提供し続けています。

また、医師の技術力はもちろんのこと時代に適したマシン設備を導入しているため、ダウンタイムの軽減も可能です。

年中無休の相談を受け付けているほか追加料金も一切ないため安心して治療を受けられるでしょう。

施術名金額(税抜)
全切開400,000円

▽詳細Click▽

一度カウンセリングへ

今回は二重切開の抜糸について解説していきました。いかがでしたでしょうか?

基本的に抜糸は痛みを感じないことがほとんどです。しかし複雑な縫い合わせだったり医師の経験不足によっては痛みを感じてしまう可能性も考えられます。

あまり不安に感じる必要はないですが、そういった不安に対してもきちんと寄り添いそして話を聞いてくれるクリニックや医師を選択すると良いでしょう。

本記事で紹介したクリニックにはそのような医師が多数在籍しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました