二重整形の前日にしてはいけないこととは?!

未分類

「ようやく一重とサヨナラできる♪」

二重整形を控えている人は、ワクワクした気持ちと、うまくいくのかドキドキした気持ちでいっぱいかと思います。

そんな二重整形を受ける前日には、綺麗な二重ができるように準備しておくことが大切です。

ではどのような準備をしておくと良いのか、逆に何をしてはいけないのか、今から紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

目のむくみに最大の注意を払う!

二重整形を受ける前日に重要なことは、目や顔がむくんでいない状態にすることです。

施術を行う際、むくみのないまぶたの方が医師は手術がしやすくなります。

その結果、腫れを抑えた綺麗な二重に期待できるのです。

むくみを引き起こしてしまうNG行動

では続いて、前日や施術までに控えるべき行動を紹介します。

綺麗な二重を手に入れるためにも、ここで挙げた行動は控えるように気をつけましょう。

お酒の飲みすぎ

お酒を飲みすぎて翌朝顔がむくんでパンパン…といった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

お酒を飲むと血中のアルコール濃度が高くなり、血管が膨張して、血管の外に水分が漏れ出します。

すると余分な水分が体内に溜め込まれてしまう状態となり、むくみが生じるのです。

そのため、前日のお酒は控えた方が良いでしょう。

塩分の摂りすぎ

体は塩分濃度を一定に保つ働きがあるため、塩分摂取量が増えると尿量を減らし、ノドの渇きを誘発します。

その結果、体内に多くの水分が溜め込まれることになるため、むくみが起きるのです。

むくみを起こさないためには、味の濃いメニューは避け、あっさりした食事や野菜中心のメニューにしておくことがおすすめです。

体を冷やす

体が冷えると血行が悪くなり、むくみに繋がりやすくなります。

そのため、二重整形を控えたときは体を冷やさないよう部屋の温度を調節したり、温かい服装で過ごしたりするようにしましょう。

準備しておきたいもの

二重整形は、まぶたを切ったり縫ったりといった医療行為を行う以上、どの治療法においても腫れは出るとされています。

そのため、腫れを抑えたり目立たなくしたりするためにも、事前に準備しておいた方がいいものがあるので紹介します。

氷や保冷剤などまぶたを冷やすもの

腫れをできる限り早く引かせるためには、術後の早い時期から冷やすことが重要です。

クリニックから帰った後でも腫れたまぶたをすぐに冷やせるよう、氷や保冷剤、それらを巻くタオルなどを準備しておきましょう。

フレームが太いメガネやサングラス

施術直後は手術の傷跡が目立つことが多いため、目元を隠せるサングラスを用意しておくと安心です。

職場や学校などサングラスをかけられない状況であれば、メガネを使用することで目立たせなくすることができます。

また、メガネの中でもフレームの太いものの方が傷跡が目立ちにくくなるためおすすめです。

まとめ

今回は、二重整形の前日に準備すべきことや、控えた方が良い行動を紹介しました。

二重整形の前日は体調を整え、むくんでいない状態を心がけましょう。

また、二重整形に不安や疑問を抱えたままだと、施術時に緊張からまぶたが力んでしまい、内出血や腫れなどに繋がる可能性もあります。

そのため「まだ不安が残っている…」という方は、ぜひ他の記事も参考にしてみてください

皆さんの手術がうまくいくことを願っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました