妊婦でも二重整形を受けることはできる?

未分類

二重整形を受ける際にネックになるのが術後の腫れや内出血です。

しかし妊娠中であれば育児休暇が得られるため、この期間に二重整形を受けたいと考えている方もいるかもしれません。

そこで今回は「妊婦でも二重整形を受けることはできるのか?」という疑問に答えていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中でも二重整形を受けることはできる?

結論から言うと、妊婦さんは断られることがほとんどです。

これは二重整形に限らず、整形手術全般で受けにくいと考えた方が良いでしょう。

理由は、麻酔や痛みによるストレスが、お腹の赤ちゃんに負荷をかける可能性があるからです。

しかし中には、埋没法のような母体への負担が少ない施術に関しては受けているクリニックもあります

そのため、絶対に受けられないわけではないですが、多少の痛みやストレスがかかるのでおすすめはできません。

授乳中は?

授乳中も整形手術を受けることは、基本的には控えた方が良いと言われています。

しかし、クリニックにより薬等が違うため、授乳期に施術が可能かどうかは治療を希望する施設に問い合わせてみると良いでしょう。

体内に残りにくい薬品を使用して母乳に影響がないようにしたり、痛み止め等の飲み薬を服用せずに様子を見たりすることで施術を行なっているクリニックもあります。

しかし、全くリスクがないわけではないので、授乳中に施術を受ける場合はリスクを理解したうえで決めるようにしましょう。

どうしても育児休暇期間に施術を受けたい場合

ここまで妊娠中や授乳中の整形手術は控えた方が良いと説明してきましたが、クリニックによっては医師の考えが異なる場合もあります。

例えば授乳中であれば、1,2日程度の短期間だけ断乳することで、リスクを抑えて施術ができると判断するケースもあります。

いずれにせよ、自分の安全を任せる以上、一番大切なのは信頼のおける医師のもとで施術を行うことです。

大事なことは患者さまの状態に合わせて最適な方法で行うことです。そのためには多くの施術を経験していることと、治療する部位の解剖を熟知していることです。

大塚美容形成外科 大塚院院長 石井秀典 医学博士

大塚美容形成外科 公式サイトはこちら

このように、豊富な経験を積み、患者さんの状態に合わせた治療を行うことができる医師を探すことが大切だと言えるでしょう。

どうしても育児休暇期間に二重整形を受けたい場合は「きっと大丈夫だろう」と安易な考えで施術を決めずに、クリニックや医師を慎重に選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました