二重整形後に内出血が!早く治すにはどうしたらいい?

未分類

二重整形(特に切開法)を受けた後に内出血して驚く方も少なくありません。

しかし、二重整形後の内出血は一般的に起こる症状なので、不安を抱える必要はありません。

「何をすると悪化してしまうのか」「どのようなことに配慮すれば良いのか」を知り、1日でも早く治るようにケアしましょう。

内出血が起こる原因

二重整形では、まぶたの皮膚の組織や血管を切るため内出血が起こります。

「医師の腕が悪かったんじゃ…」「もしかして失敗した?」と不安になるかもしれませんが、一般的に起こることなので過度の心配をする必要はありません。

治るのにどれくらいかかる?

個人差はありますが、目立たなくなるまでに通常2週間〜1ヶ月程度と言われています。

ケアの仕方によっては内出血を早く治すこともできるので、どのような配慮をするべきか知っておきましょう。

早く治すにはどうしたらいい?

内出血の悪化を防ぎ、早く治すためのポイントを紹介します。

なるべく体を起こしておく

二重整形の直後に横になることはNGです。

目と心臓が同じくらいの高さにあると、身体を起こしている状態に比べてまぶたに血が集まりやすくなってしまいます。

手術後2,3日は、なるべく横になる時間を減らすように心がけましょう。

長湯しない

血管は体が温まると膨張し、血液の流れが良くなります。

そうすると、内出血や腫れが起こりやすくなってしまうのです。

そのため長湯で体を温めることは避け、シャワーにするようにしましょう

激しい運動

運動をすることでも血管が膨張し、血液の流れが良くなります。

状態にもよりますが、手術後10日程度は激しい運動を控えた方がいいでしょう。

お酒

アルコールを摂取して顔が赤くなるのは血流が良くなっているためです。

内出血を悪化させてしまうので、状態が良くなるまで飲酒は控えるようにしましょう。

まとめ

内出血が出ているからといって不安になる必要はありません。

二重整形を受けた方に起きる一般的な症状です。

だからといって何も配慮をしないと悪化させる一方なので、ぜひ今回の情報を参考にケアを行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました