二重整形後にコンタクトレンズは使用できる?注意すべきポイントも紹介

未分類

二重整形を希望する方の中には、普段コンタクトレンズをしている人もいます。

そのような方にとって、二重整形後いつからコンタクトレンズをすることができるようになるのかは気になるところです。

そこで、コンタクトレンズ利用者が二重整形を行う際に事前に知っておくべきことを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

手術後しばらくはコンタクトレンズを使用しない方がいい

クリニックによっては、術後すぐにコンタクトの使用を許可しているところもあります。

しかし、コンタクトレンズを付けることによって雑菌が入り込み、腫れや痛みなどの症状が悪化してしまう恐れがあります

少しでもリスクを避けたいのであれば、術後1〜2週間は使用しない方が良いでしょう。

埋没法の場合は特に注意が必要

埋没法は、施術部位を刺激してしまうと糸が取れて一重に戻ってしまう可能性があります

そのため、コンタクトレンズを装着する際、まぶたを引っ張ったり強くおさえたりして、糸が取れてしまったというケースも少なくありません。

他にも、顔を洗ったりメイクを落としたりするタイミングも注意が必要です。

コンタクトレンズを使う場合はソフトタイプを

コンタクトレンズを使う場合、ソフトの1dayタイプがおすすめです

ハードタイプはレンズの柔軟性が少なく、まぶたの圧迫が強くなって埋没法で留めた糸が取れやすくなります。

また、ハードタイプはレンズのケアが不十分だと雑菌が繁殖して、目のトラブルを起こしやすいという難点があります。

場合によっては切開法による二重整形も

コンタクトレンズを使用する人にとって、埋没法は一重に戻ってしまうリスクの高い施術法ともいえます。

このことから、まぶたを切って二重のラインを作る「切開法」で施術を行う方が、長い目で見た場合に満足のいく可能性が高いです。

ある程度の費用や、施術直後の腫れは埋没法よりも強く出るため覚悟しなければなりませんが、二重が取れる心配がなくなることは大きなメリットだといえるでしょう。

それでも埋没法で受けたい、という場合は挙筋法がおすすめ

糸が取れてしまったり、糸の結び目が接触して違和感が起きやすい、といったデメリットがあるとはいえ、埋没法で受けたいという方もいるでしょう。

その場合は、埋没法の中でも挙筋法がおすすめです。

瞼裏の上部奥にある眼瞼挙筋という部位で糸を留める挙筋法であれば、コンタクトレンズによってまぶたが圧迫されても糸が当たらない位置にあるため、違和感が起きる可能性はかなり低くなります

おすすめのクリニック

コンタクトレンズを使用することで一重に戻る心配をしたくないのであれば「切開法」、それでも埋没法で施術を希望するのであれば、埋没法の中でも「挙筋法」がおすすめであると紹介しました。

しかし、この切開法と挙筋法は、高い技術力や経験が必要になる施術でもあります。

そのため、医師やクリニック選びが非常に重要です。

そこで最後に、高い技術を備えた医師が在籍するクリニックを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

大塚美容形成外科・歯科

大塚美容形成

大塚美容形成外科は「最小の手術で最大の効果を」という理念を掲げ、この言葉通りの結果を40年間以上追求し続けているクリニックです。

形成外科専門医や、取得難易度の高い資格を保有した美容外科のスペシャリストたちが治療に当たっています

そのため、高い技術を必要とする治療でも安心して任せることができるでしょう。

施術名金額
ナチュラル埋没法(2点留・1年保証)84,000円
切開法310,000円

公式サイトへ

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは、1993年の開院以来「高品質美容医療」を掲げ、技術やサービスの向上に努めている美容クリニックです。

質の高い医療を提供するために、アメリカやヨーロッパなどの海外の医師とも積極的に交流を重ねています。

また、患者さん思いの親切な対応も高く評価されているクリニックです。

施術名金額
埋没法 マイクロメソッド+α (2点留)両側181,500円
切開法(部分切開・全切開)両側330,000円

公式サイトへ

東京中央美容外科

東京中央美容外科

東京中央美容外科は、全国に30院以上の分院を展開している大手美容クリニックです。

効果の高い治療を低価格で提供していることがこのクリニックの特長と言えるでしょう。

また、二重が取れたり、二重のラインが薄くなった場合に、保証期間内であれば無料で再施術をしてもらうことができます。

これはコンタクトレンズを使用している方にとって心強い特典ではないでしょうか。

施術名金額
スタンダードクイック法(2点)14,300円
スタンダード83,600円

公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました