親知らずの痛みを和らげるための2つの方法と過ごし方

wisdomtooth-pain
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

親知らずが痛むけれど、和らげる方法はないのか。病院に行かないといけないか。
また、親知らずの抜歯を控えているがどのくらい痛いのか。など親知らずの痛みに関する様々な悩みを抱えている人のために、今回は抜歯後、抜歯前のどちらにも効果がある痛みを和らげる方法から親知らずの抜歯に関してご紹介します。今親知らずが痛い人も、これから親知らずを抜歯をする人必見です。

1.親知らずの痛みを和らげるための2つの方法

親知らずの痛みを和らげるためには、痛み止めを飲むと安静にするの2つが挙げられます。
今親知らずがはえていて痛む人も親知らずを抜歯をして痛む人も基本的に歯茎などが炎症を起こしていて痛みを感じているためどちらにも効果があります。

1-1.痛み止めを飲む

まず、痛みを感じる場合は、我慢せずに痛み止めを飲みましょう。痛み止めに関しては、市販の痛み止め(ロキソニンなど)で問題ありません。既に病院で処方された痛み止めがある方は、そちらを服用しましょう。抜歯前の方で痛み止めを飲んでも、痛みが治まらない場合は治療法が異なりますので病院に行ってください。詳細にかんしては2で説明します。

1-2.安静にする

免疫力の低下も痛みなどの炎症を起こす原因となります。また、炎症を起こすだけでなく治癒力も低下そするため痛みなどの炎症の治りが悪くなります。そのため、寝不足など身体に負担をかけるのは禁物です。痛みがある時は過度な運動や夜更かしは控え、ゆっくり体を休めましょう。

2.親知らずの症状別治療方法

痛みがあるほとんどの場合、病院にて抜歯をすることを勧められます。親知らずの生え方によって治療方法が異なるため、ここでは親知らずの一般的な治療方法を生え方別にご紹介いたします。

2-1.親知らずが真っすぐ生えていない場合

親知らずが真っ直ぐ生えていない場合、治療法として抜歯を勧められます。この場合、うまく歯ブラシが出来ないため、食べカスが詰まってしまい親知らず周辺の歯茎が炎症を起こしたり、周りの歯にまで影響を及ぼし虫歯になってしまう恐れがあります。
上記のような炎症を起こすリスクが常にある状態になるため、現在痛みがそこまでひどくなくても自分の親知らずが真っ直ぐ生えていないという方は、早めに病院へ行きましょう。

2-2.親知らずが真っすぐ生えている場合

真っ直ぐ生えている場合、まっすぐ生えていない時と違い他の歯と同様に磨け、炎症を起こすリスクがありません。そのため、治療法としては、抜歯はせずにそのまま親知らずを残しておくことが多いです。
しかし、真っすぐ生えているにも関わらず、親知らずが痛い人はなんらかの問題で歯茎に炎症を起こしているか親知らずが歯ぐきを突き破って生えてくるため痛みを感じています。その場合、病院で早めに判断してもらうのが一番ですが、すぐに病院に行けない人や出来る限り病院に行きたくないという人は一度、痛み止めを飲んで経過観察をしましょう。親知らずがまっすぐ生えている場合の痛みは、経過の一部で特に問題がないことが多いです。また、炎症を起こしていると細菌などの感染を起こしやすいため口内を清潔に保つことが大切ですが、歯を磨く時には周辺を刺激しないように注意しましょう。基本的に問題がないとはいえ、痛み止めを飲んでもあまりにも痛みがひどい時やしばらく痛みが引かない時は、細菌などに感染している可能性もあるためすみやかに病院へ行きましょう。目安として、痛み止めを飲んでもあまりにも痛い場合や一週間以上痛む場合は病院にいって相談しましょう。

3.親知らずの抜歯について

親知らずを抜歯することになったけど怖い方や親知らずをすでに抜歯したけれどこれからどのような経過を辿るのか不安だという方のために親知らずの抜歯に関して痛みの経過から抜歯前に気をつけることをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

3-1.抜歯の痛みと経過

痛みは人によって個人差があるため、どのくらい痛いか一概には言えませんがここでは治療法の差毎に一般的な痛みの目安をご紹介します。
まず、上の歯と下の歯で比べた場合下の歯の方が骨が硬くてなかなか抜けず歯を削るため痛みが強いのが一般的です。そのため、上の親知らずを抜いた場合、痛みが続く期間の目安は1~3日程度に対して下の親知らずの場合、5日~7日程度続きます。また、下の親知らずが真横に生えていたり、歯ぐきの下に埋もれている場合は単純に抜歯するだけでなく周りの骨を削ったり、歯茎を切除するため、10日~14日程度痛みが続きます。

また、下の歯の場合リンパの近くということもあり、稀にリンパも影響をうけ、腫れるなどの炎症を起こすこともありますがこちらも経過とともに引いていきます。過度な心配をすることで、ストレスになり返って治りが遅くなってしまうこともありますので上記のような痛みと腫れの程度であれば抜歯をする人が通る道だと思い安静にして過ごしましょう。

3-2.抜歯後の痛みを和らげるための事前にできる対策

痛むのも腫れるのもしょうがないことはわかった。だけど、出来ることなら何とか痛みを和らげたいという人のために抜歯前にしておくと痛みが和らぐ対策をご紹介します。

口の中を清潔にする

口の中を清潔に保つことで、抜歯後ばい菌が入り炎症を起こすのを防ぎます。磨き残しがないかいつもより丁寧に歯磨きをしましょう。また、市販のうがい薬を使ってゆすぐことで口内を殺菌することができます。その際には、殺菌作用が高く、刺激がすくないイソジンやコンクールなどがオススメです。リステリンなどアルコール成分が強いものだと、刺激を与えてしまい逆効果になるため注意が必要です。

体調を整える

1-2.でも安静にすることを紹介しましたが、体調があまり良くない状態で抜歯をすると抜歯後の経過が遅くなることがあります。抜歯当日が、寝不足、風邪気味、生理中といった事態にならないよう調整しましょう。万が一、風邪や生理が重なってしまった場合は医師に相談して日にちをずらしてもよいかもしれません。また、歯ぐきが炎症を起こしていると麻酔がかかりにくくなるため前日や当日にあまりにも痛みや腫れがある場合も相談してみましょう。

3-3.抜歯後の過ごし方

ここでは、抜歯後痛みをなるべく抑え、早く治るための過ごし方を紹介します。
下記、記載されていることに注意をして早く親知らずの痛みを治しましょう。

麻酔が切れる前に痛みどめを飲む

親知らずの抜歯後、1~2時間程度で麻酔が切れます。抜歯後一番痛いのは、麻酔が切れた時なので切れる前に事前に痛み止めを服用することをお勧めします。また、痛み止めは病院で処方されますので医師の指示に従って飲みましょう。

たばこやお酒を控える

たばこに含まれているニコチンには毛細血管を収縮する働きがあるため、治るのが遅くなります。抜歯後、1週間を目安に腫れや痛みなどが引くまでは喫煙を控えましょう。また、アルコールも基本的に抗生物質など医師から処方された薬を服用している間は厳禁です。服用中の飲酒は、正しく薬が作用しなくなります。

傷口をいじらない

傷口を舐めたり触ったりすることで出血する恐れがあります。また、抜歯後の歯茎はばい菌がはいりやすく、炎症が起きる可能性があるため傷口をいじることは避けましょう。歯磨きを行う場合もなるべく柔らかい歯ブラシを使用して、優しく歯磨きをするようにしましょう。普段使用している普通の歯ブラシでも問題はありませんが、おすすめはタフトブラシの使用です。聞いたことない人も多いかと思いますが普通のドラックストアなどで購入することができ、価格も1本200円程度のものになります。磨くブラシの部分が小さくコンパクトなため、磨きにくい部分もしっかり磨くことができます。また、口内が気になり口をゆすぎたくなる人も多いかと思いますが、必要以上に口をゆすぐのも逆に治癒力を低下させてしまうため厳禁です。

腫れている部分を冷やさない

腫れていると冷やすのが良いと思う方も多いかもしれませんが、冷やすことは実は逆効果になります。
冷やすことで毛細血管が縮小してしまい、血流の循環が悪くなります。血流が悪くなると、逆に腫れてしまったり薬の効き目が悪くなるため、良かれと思い冷やさないようにしましょう。

4.まとめ

自分が今しなくてはならないことは、わかりましたでしょうか。親知らずが痛むのは親知らず周辺で何らかの炎症を起こしているからです。治療前の人も親知らずを抜歯後の人も風邪をひいた時に薬を飲んで安静にするのと同様に親知らずが傷んだら痛み止めを飲み、体を休めてあげるのが大切です。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る