親知らずが腫れている時の対処法とやってはいけないこと

wisdom-tooth-swelling
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

親知らずで頬や歯茎が腫れてしまっているけど、今すぐ病院に行けない。明日、大事な会議があるのに。デートなのに…この腫れをなんとかしたい!と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、抜歯後の腫れに対してやってはいけないこと、抜歯前に出来る抜歯後なるべく腫れさせない対策をご紹介します。記事を参考に自分が今やらなければならないことを探してみてください。
抜歯前に腫れてしまっている方は4章以降にてご紹介します。

1.親知らずの抜歯後やってはいけない5つのこと

これから紹介する内容を行うと炎症が起きて腫れがひどくなる可能性があります。現在既に腫れている場合は時間の経過とともに腫れが引くのを待つしかありません。ですので、早く腫れが引くように以下の内容を守るようにしましょう。

1-1.腫れている部分を冷やす

腫れていると冷やすのが良いと思う方も多いかもしれませんが、冷やすことは逆効果!冷やすことで毛細血管が縮小してしまい、血流の循環が悪くなります。血流が悪くなると、逆に腫れてしまったり薬の効き目が悪くなるため、良かれと思い冷やさないようにしましょう。

1-2.傷口をいじる

傷口を舐めたり触ったりすることで出血する恐れがあります。また、抜歯後の歯茎はばい菌がはいりやすく、炎症が起きる可能性があるため傷口をいじることは避けましょう。歯磨きを行う場合もなるべく柔らかい歯ブラシを使用して、優しく歯磨きをするようにしましょう。また、口内が気になり口をゆすぎたくなる人も多いかと思いますが、必要以上に口をゆすぐのも逆に治癒力を低下させてしまうため厳禁です。

1-3.いつもと変わらない食生活をする

抜歯後、麻酔が切れる前に食事を取ると抜歯部分に食べ物が当たっていても気づかないため気づかないうちに傷つけてしまう恐れがあります。抜歯後2〜3時間を目安に麻酔が切れてから食事を取るようにしましょう。また、抜歯当日の食事はなるべく柔らかいものを選び、反対側で噛むことをおすすめします。
翌日からは、通常通りの食事に戻っても問題はありません。ただし、医者から処方された痛み止めや抗生物質などの薬を服用している間はアルコールに注意が必要です。服用中の飲酒は、正しく薬が作用しなくなるため気をつけましょう。

1-4.喫煙をする

タバコに含まれているニコチンには毛細血管を収縮する働きがあるため、冷やす行為と同様に治るのが遅くなります。抜歯後、1週間を目安に腫れや痛みなどが引くまでは喫煙を控えましょう。

1-5.体に負荷をかける

起きている時間が長いと体力を使ってしまうので夜更かしは禁物です。また、過度な運動も、体に負担をかけるため治癒力や免疫力が低下してしまいます。抜歯当日はもちろん、腫れや痛みがあるうちは炎症を悪化させないようにし、早く治すためにもなるべく安静に過ごしましょう。

2.親知らずに痛みがある時の対処法

抜歯後、歯茎の腫れと共に痛みも伴う場合も多いです。そんな時には、我慢せずに痛み止めを飲みましょう。基本的には、病院から痛み止めを処方されるので医者の指示にしたがって摂取するようにしましょう。また、飲むタイミングとして2〜3時間程度で麻酔が切れてしまうため切れる直前に予め、痛み止めを飲むのもおすすめです。
万が一、処方されなかった場合は市販のロキソニンなどを買って服用することでも十分痛みを抑えることが出来るのでもんだいありません。

3.親知らず抜歯後の一般的な経過

治療後の腫れのピークは、抜歯を抜いた日から3日後になります。特に、下の歯を抜歯した人は骨の強度やリンパの影響で上の歯を抜歯した人より腫れてしまう可能性が高いです。そのため、以前上の歯を抜歯した時よりも腫れていても過度に心配する必要はありません。どんなに腫れていてもおおよそ1〜2週間程度で治ります。
それ以上続く場合もありますが2週間以上腫れが治らない場合は感染症などにかかっている場合があります。その場合は、病院で相談してみましょう。

4.親知らずが抜歯前に腫れている原因と対処法

まだ抜歯をしていないけれど親知らずの周辺が腫れているという方も多いのではないでしょうか。
ここでは、抜歯前に腫れている原因と抜歯後なるべく腫れるのを防ぐ方法を紹介します。自分の状況と照らし合わせて、今後の参考にしてみてください。

4-1.抜歯前で腫れている原因

大部分の人は親知らずが真っ直ぐ生えてきていないため、親知らずの部分が歯ブラシでうまく汚れを落とす事が難しくなります。
そのため、

  • 歯肉の隙間に入ってしまった汚れが取れず炎症を起こす。
  • 親知らずが虫歯になってしまい炎症を起こす。

といった症状により腫れてしまいます。
また、上記のパターン以外にも歯が出てくる時に歯肉を突き破って出てくるため炎症を起こし腫れてしまうこともあります。この場合、生えてくると腫れは自然とひくので安静にして腫れが引くのを待ちましょう。

4-2.抜歯後の腫れを抑えるための事前に出来る対策

親知らずが真っ直ぐ生えてきていない状況で腫れがある場合、治療方法として多くが病院で抜歯をすることになります。抜歯後も1週間から2週間程度は腫れることが多いため、腫れるのが嫌だという方は事前に対策をして少しでも抜歯後の腫れを抑えましょう。

4-2-1.うがいぐすりを用いて口内を殺菌する

口の中を清潔に保つことで、抜歯後ばい菌が入り炎症を起こすのを防ぎます。いつもより入念に歯磨きをする、市販のうがい薬を使ってゆすぐことで口内を殺菌することができます。その際には、殺菌作用が高く、刺激がすくないイソジンやコンクールなどがオススメです。リステリンなどアルコール成分が強いものだと、刺激を与えてしまい逆効果になるため注意が必要です。

4-2-2.入念に歯磨きをする

炎症が起きているところに、必要以上歯ブラシで磨くことは逆効果ですが口内を清潔にするためにも入念に歯磨きをするのも効果的です。オススメは、通常の歯磨きの後にタフトブラシという歯ブラシで磨くことです。ブラシ部分が非常にコンパクトなので親知らずの磨きにくい隙間を磨くのに最適です。ドラックストアなどで1本200円程度で気軽に購入ができるので試してみてください。

4-2-3.体調を整える

疲れが溜まっている、寝不足、風邪をひいているや生理中などの場合免疫力が低下しているため抜歯後の治りが遅くなります。また、炎症を起こしている場合、抜歯時に麻酔がかかりにくいというケースもありますので抜歯前に炎症が起きないためにもいつも以上に清潔に保つことを心がけ、体調が万全な状態で抜歯に挑みましょう。

まとめ

親知らずが原因で腫れてしまった際の対処法として、抜歯の有無に関わらず冷やしてはいけないのは意外ですね。
いずれにせよ治療前後に関わらず安静にし、免疫力をつけることや患部を気にしすぎないことが大切です。
また、親知らずの治療前で腫れている場合は周りの歯にも影響を及ぼすため早めに歯医者へ行き、治療をすることをおすすめします。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る