親知らずが虫歯なったときにやるべき対処法

1ec2302cac84c5bc02ca254fe3da3821_s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは今、自分の口の中で、親知らずとその近辺に痛みを感じているのかもしれません。

「もしかしたら、親知らずが虫歯になっているかもしれない」と不安に感じ、「親知らずが虫歯だったら、抜かないといけないのかな?」「抜くのって痛みはどれくらいあるのだろうか?耐えられるほどの痛みだろうか?」と心配が募っていることでしょう。

この記事では、親知らずやその近辺の歯が「虫歯」と疑われたときの疑問を解消していき、親知らずを抜くべきか抜かないで良いかについてご説明していきますので、今のあなたにとってどのような対処法がベストかを見つけてみてください。

1 親知らずと親知らずの周りの歯は虫歯になりやすい

あなたが今、痛みや違和感を感じている親知らずとその周辺は、すでに「虫歯」が進行している可能性があります。そもそも、親知らず付近というのは、永久歯のさらに奥に生えるため汚れがたまりやすく、歯の清掃もしにくいため虫歯になりやすい場所なのです。

もし、親知らずが次のようになっている場合も、虫歯になりやすくなります。

・親知らずの向きが内向きに傾いている場合
・親知らずが埋まっている場合

この場合、親知らずはもちろん、親知らずに圧迫されて傷つきやすくなっている「隣の歯」も虫歯になりやすくなります。

隣の歯については、親知らずが虫歯になった時点で虫歯になりやすいため、抜くことになるケースもあります。

いずれにしても、親知らずの虫歯の治療が遅れれば遅れるだけ、隣の歯を抜かなければならなくなる可能性は高まりますので、できるだけ早めに歯科医院へ相談するのをおすすめします。

2 親知らずとその周りの歯が虫歯になったときの抜くかどうかの基準

親知らずやその周りの歯が虫歯になったとき、果たして歯を抜かなければならないのか、気になることでしょう。実際のところ、虫歯になったときに、親知らずを抜いたほうがいいケースと、抜かなくてもいいケースがあります。

2-1 親知らずを抜いたほうがいいケース

親知らずが虫歯になっていて、かつ、以下のような状況が一つでもあれば、抜いたほうがいいといわれております。

・歯肉が痛みやい、炎症している、腫れている、膿などを繰り返している
・親知らずの虫歯がしみるほど痛むが出ている
・しみる、痛みがある
・親知らずが斜めに生えていてる・歯磨きがしにくい
・親知らずが頬の内側に当たっていたり、歯肉を噛んだりしてしまう
・親知らずの隣の歯が虫歯になっている

親知らず付近の歯肉が炎症を起こしている場合、その原因として考えられるのは、まっすぐきれいに歯が生えていないことです。
歯磨きで汚れが落ちにくくなっており、細菌に感染したものと考えられます。

また、しみる場合は、虫歯が神経にまで達してしまっていることも考えられます。

親知らずそのものだけでなく、斜めに生えていることや虫歯になっていることで他の歯への影響が及ぶ場合には、抜いたほうがいいといわれています。

また、親知らずによって、歯全体の歯並びが悪くなってしまう可能性があれば、それも抜いたほうがいいと判断されます。

いずれにしても、自分の親知らずと周囲の歯の状況によって、抜いたほうがいいかどうかが決まってきます。自分で判断せず、歯科医に正しい診断を行ってもらうのをおすすめします。

2-2 親知らずを抜かなくていいケース

親知らずは必ずしも抜いたほうがいいというわけではなく、抜かずに虫歯治療のみ行うケースもあります。例えば、次のような場合です。

・親知らずがまっすぐ他の歯や頬の内側・歯肉などに当たらず、きれいに生えている
・歯磨きできちんと汚れを除去できる

しかし、現実的には、親知らずが虫歯になってしまった場合、汚れが除去しにくくなっているケースが多いと考えられます。よって、これ以上他の歯や歯並びに悪影響が及ばないように、多くの場合は抜くことが検討されます。

3 虫歯で親知らずを抜くことになったときの治療の流れ

レントゲンやCTなどの検査の末、親知らずを抜いたほうがいいと診断された場合、抜歯する具体的な流れを見ていきましょう。

(1)レントゲン・CT撮影
まずは歯の状態を知るために、レントゲンやCTなどで診査と診断を行います。
この結果に応じて、抜歯すべきかどうかが決まります。

(2)体調確認
抜歯の処置の前には、気分が悪くないかなどの体調確認が行われることがあります。抜歯は体の一部を傷つけることであるため、体調が万全な状態が求められます。風邪ぎみ、睡眠不足、ひどく疲れているときなどは基本的には避けるべきといわれています。

また、抜歯をする際は通常、麻酔を使用するため、体調がすぐれない場合は気分が悪くなる可能性もあるため注意が必要です。体調
歯医者での麻酔については、「歯医者で麻酔をするときに確認したい5つのこと」でも詳しく解説していますのでご覧ください。

(3)治療・消炎
炎症している場合、抗生剤の投与及び炎症を消炎させた上で抜歯を行います。

(4)麻酔・抜歯
抜歯の痛みを感じないように、麻酔をかけた上で、抜歯していきます。
かかる時間は、親知らずの状態によって大きく変わってきます。

抜歯後の過ごし方

抜歯をした後は、出血や腫れ、痛みの原因になるためどうしても出血しやすくなるため、3日間程度は、運動や長時間の入浴、及びあるkポールアルコールを飲むなどの血行を良くする行為は避けるよう指導されます。
痛みは麻酔が切れれば感じることになりますが、傷口と同じなので、少々の痛みは止むを得ないことです。

しかし、あまりにも痛む場合には、痛み止めを処方してもらうことで痛みを和らげることができます。

また、抜歯の後は、腫れることがあります。通常、抜歯後48時間は炎症を起こすため大きく腫れますが、その後は徐々に引いていきます。もし腫れがひどい場合は歯科医に早急に相談するようにしましょう。

歯を抜いた後しばらくの間は、かさぶたができるのを待つためできるだけ舌や食べ物で触れないように過ごす必要があります。
抜歯後一週間程度は極力固い食べ物は避け、スープや流動性のあるものを選び、歯ブラシは抜歯した箇所は避けて優しく使うようにしましょう。

4 親知らずの抜歯の費用相場

もし、親知らずを抜く場合、どれくらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。

一般的に、虫歯になった親知らずを抜く場合には、親知らずがきれいに生えておらず、斜めに生えていたり、骨の中に埋まってしまっていたりする場合が考えられます。よって、通常より時間がかかるため、抜歯だけでおよそ3000円代前後です。

もし、親知らずがきれいに生えており、比較的抜歯しやすい場合は、800円~1500円代と考えておきましょう。

その他、初診料や再診料、レントゲン、投薬などの費用は別途かかってくるため、トータルでは、5000円~6000円程度を見ておくと良いでしょう。

5 まとめ

親知らずの虫歯が疑われる場合、まずは早急に歯科を受診して診断してもらうことが肝心です。どうしても「もしかして親知らずを抜かないといけないのかな…」と不安になると、色々と抜歯や抜歯の必要性について考えてしまいますが、自己判断はむずかしいものです。歯科医に判断をゆだねましょう。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る