虫歯の治療費|一般的な2種類の治療法と進行度別治療費相場

musibatiryouhi
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

虫歯の治療費は、どれくらいか知っていますか?虫歯になったので、歯医者に行かないといけない。しかし、どれくらいの治療費がかかるかわからず心配である。そんな方も多いのではないでしょうか?

虫歯の治療には保険内でできる治療と、保険外で自費となる治療があります。また、虫歯治療に使用する詰め物にも種類が複数ありますので、治療方法や料金も様々です。
今回は、虫歯の一般的な治療費を見ていきましょう。

1)虫歯の治療費の決まり方

歯医者に行くと、実際に虫歯の治療に掛かった費用とあわせて、初診料や再診料・歯磨き指導など、その他複数の項目が合わさって合計の金額が決定します。

また、治療に保険が適用されるかどうかによっても大きく金額が異なりますし、同じ症状でも治療内容の違いによって金額には大きく変動があります。
そのため、一概に「虫歯の治療費はこの程度の金額です。」と明言するのは難しいのですが、今回は一般的に掛かる費用を簡単にまとめました。

2)進行度による虫歯の治療費相場

それでは、虫歯の進行度別による治療費の相場をみていきます。
料金は、一般的に最も対象者の多い、保険内治療の3割負担で計算しています。

※下記は虫歯の治療費としてかかる料金ですので、この料金に初診料やその他の費用などが加算された金額が、実際に歯医者で請求される料金と考えてください。

2-1,虫歯の痛みはない(C0)

まだ虫歯の前段階であるC0の状態です。酸による歯へのダメージは少しあるが、虫歯のように穴までは空いていない状態です。歯が少し濁ったような色になっています。
特に歯を削る必要はなく、ブラッシングやフッ素塗布を行って治療します。

料金相場:250円/1本(保険内)

2-2,虫歯の痛みをほぼ感じない(C1)

初期段階にあたるC1は、歯の表面にあるエナメル質が溶けている状態です。

一般的な治療方法・・・コンポジットレジン充填
コンポジットレジン充填とは、コンポジットレジンと呼ばれる歯科用プラスチックの白い詰め物を詰める治療法です。見た目が白く、人気の高い治療法です。
特に、奥歯以外の歯の治療に使われることが多い治療法です。

コンポジットレジン充填は、虫歯の治療に最も利用される治療法です。そのため、虫歯の治療費行った人の多くがこの治療を経験しています。

rezin
参照:http://www.mashima-dc.com/blog/index.php

料金相場:1,000円〜2,000円程度/1本(保険内3割負担)

2-3,虫歯の痛みを少し感じる(C2)

冷たいものを食べたときに痛みを感じだすと、恐らく虫歯はエナメル質の下にある象牙質まで達している状態の中期段階です。そのため、虫歯の箇所を削って詰め物をする必要があります。

一般的な治療方法・・・銀歯(金銀パラジウム合金インレー)orコンポジットレジン充填
C2でも、C1と同様にコンポジットレジン充填の治療を行うことが多くあります。また、それ以外の治療法では銀歯を使うことがほとんどです。
そのため、特に治療内容にこだわりがない場合、虫歯の治療方法は基本的に銀歯かコンポジットレジン充填の2種類に絞られると考えて間違いありません。

銀歯は、多くの人に馴染みのある治療法ではないでしょうか。その名の通り、銀色の詰め物を虫歯の削った箇所に詰める治療法です。
特に、噛み合わせの力の強い奥歯に使われることが多い治療法です。

ginba
参照:http://iritani.exblog.jp/12045879

料金相場
コンポジットレジン充填:1,000〜2,000円程度/1本(保険内3割負担)
銀歯:2,000〜3,500円程度/1本(保険内3割負担)

2-4,虫歯が激しく痛む(C3)

激しく痛みだすと、虫歯が神経にまで達している後期段階です。ここまでくると、熱いものもしみるようになります。
歯を大きく削る必要がありますので、麻酔をして虫歯を削り神経を抜く治療を行います。この治療は、根幹治療と呼ばれます。
神経を抜いたあと、歯全体にクラウンを被せる治療を行います。

料金相場:3,000〜7,500円程度/1本(保険内3割負担)

2-5,神経が死んで虫歯の痛みを感じないほど悪化(C4)

C3よりも更に虫歯がさらに進行してしまい、痛みが消えるほど神経が死んでしまっている状態が末期段階のC4です。
麻酔を行ったあと、抜歯を行います。歯を抜いた箇所に対して、インプラント・ブリッジ・部分入れ歯などの治療を行います。
C4までくると、保険外治療を行う方も多くいます。

料金相場:5,000〜40,000円程度/1本(保険内3割負担)
料金相場:150,000〜900,000円程度/1本(保険外)

3)小学校入学前や70歳以上の方の保険負担額

保険内治療の負担額に関しては、これまで基本的に3割負担とお伝えしてきていました。しかし、一部例外もあります。
保険内適用時の負担額に関しては、下記のように定められています。

スクリーンショット 2015-07-02 16.55.58

70歳以上の場合も現役並の所得者は3割負担となります。現役並み所得者とは以下のように定義されています。

現役並み所得者とは、70歳以上の高齢受給者のうち、標準報酬月額が28万円以上の被保険者とその被扶養者です(被保険者が70歳未満の場合は、その被扶養者である高齢受給者は、現役並み所得者とはなりません)。ただし、高齢受給者の被保険者・被扶養者の年収合計額が520万円(高齢受給者である被扶養者がいない場合は383万円)未満であるときは、申請により2割負担(ただし、誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方は1割負担)となります。

保険証を提示して治療を受けるとき|全国健康保険協会

4)まとめ

いかがでしたか?
なんとなく、自分の症状で虫歯にかかる治療費の相場が理解できたのではないでしょうか?

本記事では、一般的に当てはまる方が多い虫歯の治療費を紹介しました。
しかし、中には保険外で治療費が高額でも構わないから、詰め物や被せ物の見た目や強度、変色の有無等の条件にこだわりたい!と思う人もいるかと思います。

詰め物や被せ物の種類の詳細や料金について知りたい方は、「歯の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)の種類と選び方」を参考にしてみてください!

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る