虫歯の原因と今すぐできる予防法の徹底解説

虫歯 原因
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

虫歯の原因について深く考えることは少ないですが、人間が毎日3食とる食事と同時に、その行為によってもたらされる可能性のある病気が虫歯です。食生活を意識する方は多いのですが、虫歯について、意識したり日頃の習慣を見直したりすることはなかなかないですよね。
今回は、虫歯になった人なる前の人にむけてその原因と今から始められる予防法について解説します。

0)そもそも虫歯って何だろう

虫歯とは、酸によって歯が溶かされる歯の病気のことを指します。
初期虫歯であれば、再石灰化といって虫歯が治ることもありますが、進行してしまった虫歯を自然に治すことはできません。
虫歯になってしまった歯を放っておけば、ますます悪化して、最後には歯の根の部分だけになり、やがて歯を失うことになります。

1)虫歯の原因とは

1-1.虫歯の原因となるミュータンス菌

虫歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌です
この細菌は、口の中に砂糖が入ってくると、活発に働いて歯垢をつくります。そして、食べ物の中に含まれる糖質、特に砂糖を代謝し、歯垢の内部で酸をつくります。

この酸が歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、虫歯を発症させます。溶かすスピードは、歯がつくられるときの環境の違いなどで個人差があり、歯の質によってことなります。
食べ物をたべてから、ミュータンス菌が口の中で活動し、糖から酸がつくられるまで、少し時間がかかります。

食後は唾液成分により酸が中和されるので2~30分後にブラッシングなどして、虫歯を予防しましょう。

1-2.虫歯の原因となる虫歯菌が歯を溶かすメカニズム

【細菌(ミュータンス菌)+糖分=酸→歯を溶かす】
この方程式は虫歯菌が歯を溶かすメカニズムです。
まず、ミュータンス菌が砂糖を食べグルカンと呼ばれるネバネバしたノリのようなものを作ります。グルカンは歯の表面に付くとうがいをするくらいではなかなか落とせないほど粘着力がアップします。

歯磨きなどブラシでゴシゴシ磨かないと落としにくいため、いつまでも歯の表面に付着して歯を溶かし続けます。歯の表面はとても硬いエナメル質でできていますが、内部にあるやわらかい象牙質(ぞうげしつ)まで進むと、どんどんと歯が溶けて、虫歯が大きくなっていきます。
また、毎日の歯磨きを怠ると、いくら歯を磨いても虫歯が予防できないバイオフィルムという物質ができます。

バイオフィルムはミュータンス菌をはじめとする細菌のかたまりで、歯医者さんや歯科衛生士でなければ取り除くことができません。

1-3.虫歯の進行を早めてしまう原因

間食が多い人や、キャンディーやドリンクなどの甘いものをひんぱんにとる習慣のある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、虫歯になりやすい環境にあります。
虫歯にとって最も危険な食べ物は、甘くて、口の中に残るものです。

例を上げると、キャラメルやクッキー、あんこ、ウエハース、グミ、チョコレートなど想像しただけで口の中に残るイメージがある食べ物です。

食べ物以外にも、ワインやお酢なども、酸性の度数が高いため、歯を弱くさせる可能性があります。

特に、寝る前に歯を磨かないなど、長時間口内に酸性の状態を作り出すと虫歯の進行を早めてしまいますので、注意しましょう。

1−4.唾液の量が少ないため(ドライマウス)、虫歯になってしまう原因に

唾液には、虫歯の発生を抑制する効果があります。

加えて、口の中が飲食物などによって酸性になっていくと、唾液の働きによってすぐに中性に戻されます。ですので、唾液の虫歯の発生を抑制する機能が鈍ってしまい、結果として虫歯ができやすくなるのです。

特に歯科矯正でブリッジや部分入れ歯がを処置した方は唾液の流れが悪くなるため要注意が必要です。

唾液の減少は口内だけでなく、ストレスや様々な病気など、目には見えないトラブルが心身に起きると発症します。
糖分の入ったガムや飴も唾液の分泌を促進させる効果がありそうですが、口の中が酸性になり乾燥しているときは虫歯になりやすい状態でもあるので、逆効果です。

こまめな水分補給やキシリトールガムで唾液の分泌を促しましょう。

ご高齢の方は唾液の量も加齢とともに減少するので、唾液腺マッサージも有効です。

2)虫歯の原因を防ぐ!見直したい生活習慣

それでは、実際にどのようなことに普段の生活で気をつければよいのでしょうか。
簡単な生活習慣の見直しと、歯医者さんをうまく活用することで、虫歯の原因を取り除きましょう。

2-1.砂糖を取る習慣、砂糖を使った食べ物の間食をなくしましょう

お菓子の食べすぎは虫歯に直結します。特に、間食などで一時的にたべてそのままの状態にしていたり、砂糖を含む菓子類を継続して食べたりして、口の中にずっと酸がある状態では虫歯になってしまいます。
また、砂糖だけでなく、食べかすが口内に常にある状態は、虫歯になるリスクをより高めるため、できるだけ間食しないようにしましょう。

間食をする場合は、歯磨きや時間をかけずにできるうがいなどを行って、口内環境を清潔に保つようにしましょう。

2-2.歯磨きを見直しましょう

歯磨きを食後欠かさず行っている人も、磨き方によっては磨いていない状態と同じです。歯の表面は丁寧に磨けているのに、歯のかみ合わせの部分や歯と歯の間が磨けていないといったことです。

歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使いましょう。口腔内に食べかすが残らないように工夫することが大切なのです。
ただし、前述したように、毎日の歯磨きを怠ると、いくら歯を磨いても虫歯が予防できないバイオフィルムという物質ができます。これができてしまうと、いくら歯磨きをしようと効果はほぼなく、歯医者さんや歯科衛生士でなければ取り除くことができません。

歯磨きをしても、口の中に粘りが残るような状態が続くようでしたら、一度歯医者さんに相談することをおすすめします。

2-3.キシリトールガムを噛んで唾液をだしましょう。

キシリトールは酸の中和を促進する働きを持っています。それだけでなく、唾液も出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。

また、むし歯の原因となるプラークをつきにくくし、歯の再石灰化を促す作用もあります。

キシリトールガムは砂糖が含まれているのでは?という懸念を抱く方も多いかもしれませんが、キシリトールは自然界に存在する五炭糖の糖アルコールで、多くの果実や野菜の中に含まれている天然甘味料と同じです。なので、口の中で虫歯の原因となる酸をまったく作りません。

ガムは確かに虫歯を予防する効果がありますが、それを食べたからといって、決して虫歯にならないわけではありません。
ただし糖分は体内に摂られるので、摂取カロリーはアップします。

2−4.定期的に直接歯にフッ素塗布を行う

フッ素は歯に取り込まれることにより、虫歯菌が出す酸で溶かされて虫歯になりやすい歯を、酸に溶かされず虫歯になりにくい歯に改造してくれます。

フッ素は他にも、歯のカルシウム分が溶け出すことを防止したり、歯にカルシウムが取り込まれることにより、歯が丈夫になるのを助けたりしています。

つまり、虫歯予防の最も効果的な方法は、フッ素の利用であるということです。もちろん、歯みがきによる歯垢の除去や糖分コントロールも大切ですが、フッ素の利用と比べると虫歯の予防効果としては若干弱くなります。

フッ素は自然界に存在するもので、使用方法をあやまらなければ、虫歯予防に効果的です。

市販のジェルや歯磨き粉を使ってフッ素塗布をする

歯磨き粉の裏側を見てみてください。

ほとんどの歯磨き粉の中にはフッ素が含まれています。フッ素入りはみがきペーストで歯みがきをしたあと、さらにフッ素ジェルを歯に塗ると、ダブルのフッ素効果が得られます。

また、歯みがきをしたあと、フッ素洗口剤でブクブクうがいをします。フッ素洗口剤は、市販されているいろいろなフッ素の中で最も虫歯予防効果が高いといわれています。

自分で行う際に最も効果の高い方法は、フッ素を塗布するときは、夜の寝る前に行うことです。

歯医者に行ってフッ素塗布をする

フッ素塗布を行っている歯医者さんも多いので、一度相談してみるのもよいかもしれません。
お住いの自治体によっては、(特に小児歯科)格安で提供しているところもあります。
3ヶ月〜半年に一度を目安に、定期的に歯医者さんに行くことで、フッ素塗布だけでなく、ブラッシング指導など、効果的な虫歯予防の方法を教えてくれます。

3)虫歯が原因の口内トラブル

ここからは、虫歯が原因となって口内トラブルを引き起こすケースについて紹介します。

3−1.虫歯が原因で口臭が発生する

虫歯になった歯から直接異臭が発生することはありません。

虫歯が原因で口臭が発生する場合は、虫歯の穴に食べ物が入り込んで発酵状態になっている、虫歯が悪化して歯周病になった場合の異臭、神経が腐ってしまい臭いを発生している、親知らずが虫歯になり歯茎に悪影響を与えたことなどが考えられます。
詳しくは、「虫歯による口臭の原因の今すぐできる応急処置と予防法7つ」を参考ください。

3-2.虫歯が原因の歯周病(歯槽膿漏)

虫歯と歯周病は、原因となる細菌の種類が異なりますが、どちらもプラーク(歯垢)の中に存在します。

なので、虫歯が歯周病の原因というよりは、同じ原因で病気が進行します。虫歯は歯の表面、歯周病菌は歯ぐきで増殖し、進行します。

虫歯も歯周病も初期の自覚症状が薄く少し違和感があっても放置してしまう方もいます。
虫歯・歯周病いずれも自然に治ることはありません。放っておくとどんどん進行していきます。たかが虫歯・歯周病と侮ってはいけない症状です。

虫歯と歯周病、いずれも放っておくと歯を失ってしまう事になりますので、できるだけ早めの治療が大切です。

3−3.虫歯を放置すると発症する可能性の高い歯根嚢胞(しこんのうほう)

深い虫歯などが原因で歯の内部まで細菌が入り、それを放置した場合や、深い虫歯で歯の神経を取り、歯の根の治療を行った後、根の先が膿んでくると根の先に病巣ができることがあります。

歯科治療の際にレントゲン写真を撮影すると見つかることが多く、日常的に見られるものなので、珍しい疾患ではありません。

歯根嚢胞は症状があっても鈍痛や硬いものを噛んだときの違和感程度で、普段はほとんど無症状で経過することが多いのです。

4)こどもの虫歯の原因を解決!

虫歯を持っている方の中には、治療済だけれど自分の子供にうつらないか不安であるという話をよく聞きます。

まずは、巷に流れているうわさから、きちん虫歯と親子関係について理解していきましょう。

4-1.こどもの虫歯は親から感染することが原因って本当?

1−1で述べたミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんには存在しない菌です。身近な大人からうつるケースが多いのです。

例えば、お母さんが味見したスプーンで、幼児に食べ物をあげると、スプーンに着いた虫歯菌が幼児のお口に取り込まれ、虫歯となります。

子供を虫歯から守る一番確実な方法はミュータンス菌を子供にうつさないことで、3歳までに感染しなければ一生虫歯にならないとも言われています。

小さなお子さんがいらっしゃる場合は、ミュータンス菌は身近な人の唾液からうつるので、ぜひ対策を心がけてくださいね。

4-2.こどもの虫歯は遺伝って本当?

まれに、遺伝によって親から子へエナメル質の形成不全が受け継がれ、虫歯になるケースはあります。
しかしながら、ほとんどは歯が弱いというより、虫歯の原因菌である「ミュータンス菌」が、口の中に多くいることが原因です。

また、生まれて間もない頃に、早い段階で親から子供にうつされたことが、歯の質を悪くしてしまった可能性も考えられます。

4-3.乳歯のときから大切な虫歯予防

虫歯菌が感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間といわれています。
その間では特に、虫歯菌がうつる確率が高くなります。虫歯菌がうつるのが遅くなればなるほど、大人になっても虫歯になりにくくなると言われています

また、乳歯の時に虫歯を放置することは、要注意です。永久歯がいつまで経っても生えてこない、歯並びが悪くて噛めない、歯がヘンなところに生えてきた・・・など、成長発達期に深刻な事態を招くことがあるので、乳歯の虫歯を放置するのは子供にとって大きなリスクになります。

5)虫歯は進行すると怖い病気

虫歯が進行しても、歯が抜けるだけだと思っていませんか?
2013年、「虫歯の女性が死亡した、、、」というニュースが駆け巡りました。この影響で、虫歯=死ぬ可能性がある病気と知った方も多いでしょう。

歯はとても硬いので、自分の健康と別だと考えてしまう方も多いようです。しかし、最近の研究では虫歯は様々な病気への影響が指摘されています。

特に、虫歯を放置していると、本来無菌であるはずの血液中に細菌が存在する「菌血症」の状態となります。菌血症のままではとくに問題ありませんが、この状態が長く続くと、血液中の細菌が増えてきますので敗血症や多臓器不全を起こし、最悪死に至る可能性があります。

虫歯になったら、早めに歯医者さんへ行って治療をし、予防を心がけるようにしましょう。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る