差し歯が取れた!3つの対処法と絶対にしてはいけないこと

b812ed6ca44b96f69bb437fc0efd7ff9_s
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普段は全く気にしていなくとも「ひょん」なときに取れてしまうのが差し歯というものです。そしてひょんなときとは決まって旅行中や大切な仕事に向かう道中など場所やタイミングを選ばずにやってきます。
こちらの記事ではそんな困ったときにできる最良の対処法と絶対にしてはいけない対応策をご紹介します。

また、後半では再治療にかかる時間や費用の目安や取れる可能性を低くするために普段からできることを紹介しています。

それでは早速、対処法をご紹介していきましょう。

1.差し歯が取れたときにするべき応急処置3つ

差し歯が取れた時にするべき応急処置の方法は決まっています。最もオススメの方法から順に3つご紹介しますのでぜひ参考に対応をしてください。

1−1. マスクをする

「根本的な解決策になっていないのでは?」と思われた方、実はこれが最もオススメかつ最良の対処法です。

どういうことかと言うと、つまりは自分でいじらないということです。取れてしまった歯が手元にある場合はティッシュでキレイに包む・ケースに入れるなどして大切に保管し、マスクをして出来る限り早めにかかりつけ医に通院をしてください。

後から詳しく説明をしますが取れた差し歯がどのような状態か、なぜ取れてしまったのかは一見して素人に分かるものではありません。そのような状態で自分なりに元の場所に戻してしまったり、下手に患部をいじってしまったりすると本来であればあとから被せ物を付け直したり、ちょっとした処置で治療ができたはずのものが一から治療をやり直しになったり、最悪の場合もう差し歯にすることができずインプラントかブリッジ、入れ歯を選択せざるを得ない、なんてことになりかねません。

現代であれば花粉や風邪の予防だという理由で普段からマスクを付けることも変ではないと思いますので、どうしても素顔で出向かなくてはいけない場所がある、ということでもない限りはマスクをして通院までの期間を過ごしましょう。

1−2. 入れ歯用の安定剤で接着する※要注意

こちらの対応と次の対応は「どうしても素顔で過ごさなくてはいけない」という方向けの緊急措置です。前述しているようにリスクが伴うことを分かった上で、如何ともし難い場合にのみ短時間に限定して実施するようにしましょう。

まず、処置をする前に優しく歯磨きをしましょう。食べカスが付着している場合は炎症の原因になったり、接着した際に歯や差し歯を痛める原因となりますのでどうしてもできない場合は必ず綺麗な水でうがいをしましょう。

具体的な対応方法ですが入れ歯の安定剤(ポリデントなどの市販のもの)を接着剤として使用していきます。取れてしまった差し歯をキレイに洗って乾かしてから安定剤を少しだけ塗り、そっと自分の歯につけてください。

これで短時間は見栄えを良くすることができますが、あくまで応急処置であるため必要がなくなった場合は外すことをおすすめします。

また、寝るときは必ず外すようにしましょう。寝ている時に飲み込んでしまう危険があり大変危険です。

1−3. 自分でそっと戻してみる※要注意

こちらは上記の方法すら試すことができない場合の緊急措置ですが、安定剤というクッションもなく歯が固定される保証もないので本当の緊急事態以外はオススメできません。

実施する場合は安定剤使用時と同じく事前に歯磨きやうがいを行います。その後に元あった場所に差し歯をそっと戻してみてうまく固定された場合は短時間のみそのまま過ごしましょう。

こちらも前述の安定剤の場合同様、終わったら直ぐに外し早めに通院をすることが必要です。また、寝る際は必ずはずしましょう。

2. 瞬間接着剤での固定は絶対にしてはいけない

どこかで聞いたことのある対処法で「瞬間接着剤で固定する」というものがあります。確かに固定するという観点では正しそうな気がしますが絶対にしてはいけません。理由は、まず瞬間接着剤は人体に入れる目的で作られていないので体内に取り込まれた場合、有害な物質となります。また、接着力が非常に強力なためズレて固定されてしまった場合、噛み合わせ先の歯や差し歯の土台、根っこなどに負荷がかかり、歯が欠けたり根っこが折れたりと深刻な問題に発展する可能性があります。その後の再治療時にも強力過ぎる接着力は悪影響ですので絶対に瞬間接着剤での固定はやめましょう。

3. 再治療にかかる時間と金額

ひょんなときをうまくやり過ごしたとして、その後の治療はどのくらいの時間を要し、治療費にはいくらぐらいかかるのでしょうか。こちらで詳しくご説明します。

まず、既に治療済みのみなさんなのでご存知とは思いますが、再治療をする上で必要な知識となる差し歯治療工程をおさらいしていきたいと思います。最近実施した方でおさらいが必要ない、という方は読み飛ばして「3−1」へお進み下さい。
差し歯全体
差し歯は上の図のような3段構造になっています。自らの歯の一部である「歯の根」に土台を固定して、その上に被せ物をすることで差し歯の治療が完了するのです。
それでは以下で被せ物が取れただけの場合、土台から取れた場合、歯の根が割れるなどダメージを受けた結果取れてしまった場合の3パターンに分けて再治療の工程を説明していきます。

3−1. 被せ物部分が取れただけなら最短1〜2週間で戻る

一番上の被せ物が外れただけの場合、土台が欠けていないなどの条件はありますが治療は最も早く安上がりに済みます。治療工程は取れた土台の周辺が虫歯になっていないかなどを確認した後、再度型取りをして被せ物を付けるという形になり最短で1〜2週間程度で終わる場合もあります。治療費は当初、被せ物を選んだ時と同じく保険適用のものにするか高級な質のいいものにするかなどにもよりますが最安で5,000円程度〜の治療費を見込むことができます。

この機会に差し歯の料金について復習したい、もっとよく知りたいという方は下記サイトにアクセスしてみてください。
http://cureplus.jp/price-of-postcrown-1156

3−2. 土台ごと取れた場合は治療が長期化する

土台から取れてしまった場合は3−1の工程に加えて再度土台の型取りからしなくてはいけないため、当初差し歯治療を行った時と同じくらいの時間とお金がかかる場合があります。

虫歯治療後に差し歯を装着した方はその分の期間と費用がかかりませんが、最低でも数週間と保険適用のものでも10,000円〜の料金がかかることを覚悟してください。

3−3. 根っこがダメージを受けていたら戻せない可能性がある

根っこがダメージを受けてしまった場合は最悪の場合、もう一度差し歯にするという選択肢がなくなってしまう可能性もあります。差し歯治療は前述したように歯の根があってこそのものであるため、

根がない場合は

①人工的な根を顎の骨などに固定してその上に歯を装着するインプラント

②両隣の歯に義歯を固定するブリッジ

③安定剤の使用や幾つかの歯に引っ掛けて義歯を固定する入れ歯のいずれかの治療法を選ぶ必要がでてきます。

差し歯が取れてしまうことによる問題はここまで深刻化することがあるので早めの通院とドクターへの相談が必要不可欠で。

ちなみに差し歯について知識を深めたい方やインプラントブリッジ、入れ歯についてもう少し知りたい方は下記の記事に内容がまとめられていますのでぜひ併せて確認してみてください。
http://cureplus.jp/question-of-postcrown-1143

4. 差し歯が取れないように普段からするべきこと

最後に、少し先走りすぎかもしれませんが再治療が終わった後に普段からしておくべきケアを紹介して終わりとさせてもらいます。

4−1. 定期検診をすることでリスクを最小限にできる

差し歯の治療が終わったからと行って安心せず、他の歯の状態チェックも兼ねて月に一度は定期検診を行うようにしましょう。歯とは一生の付き合いになるので、健康であっても今からケアしていくことをオススメします。

今は「職場の近くにある歯科医」「◯◯時に空いているところ」などの条件で探すことのできるサイトもありますのでぜひ有効活用して自分の歯とうまく付き合っていって下さいね。

4−2. 差し歯で固いものを噛まないようにする

初歩的なことですが差し歯で固いものを噛まないようにすることも立派なケアの一つです。医学が進歩してかなりの精度で差し歯をフィットさせることができますが、やはり自らの歯ではないので無理はしないようにしましょう。

4−3. 普段から丁寧な歯磨きや歯間ブラシを使うなどケアをする

差し歯が取れてしまう原因として隣の歯が虫歯になることや歯茎が弱ってフィットしなくなることも上げられます。

また、差し歯治療に至る多くの原因はやはり虫歯です。日頃から丁寧に歯磨きをすることや歯間ブラシ(デンタルフロス)を使って歯の間の歯垢をとることは歯の健康を保つ上で最も大切です。

番外編 思い切ってインプラントにする

インプラントは保険が適用されないため20万円程度の費用がかかってしまう、顎の骨にボルトを埋め込む外科手術が必要となるという負担がありますが、ここをクリアできれば差し歯で感じるかなりのストレスを軽減することができます。噛む力も自らの歯と変わらない程度に保てますし、清潔さ・見た目の綺麗さはピカイチです。もちろん差し歯に比べると固定した歯が取れるリスクは段違いに低いです。

また、一度ボルトを固定してしまえば万が一固定した仮の歯が取れてしまってもある程度容易に交換が可能です。(費用はかかりますが。)
もし資金に余裕があり、外科手術を乗り越えられるようでしたら思い切ってインプラントにしてみるのも手かもしれません。

5. まとめ

差し歯が取れた時の対処法と禁止事項、その後の処置などについておわかりいただけましたでしょうか。改めて差し歯をしている方は常に外れるリスクを抱えているということを頭に置いておき、万が一の自体でも正しい対処法ができるように心と道具の準備をしておきましょう。

使い捨てのマスクと携帯歯ブラシセットは持っておいて損はありませんので、普段常備していない方はぜひこれを機にカバンに忍び込ませておくことをオススメします。ひょんなことはいつ起きるか、誰にもわかりません。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る