【保存版】口内炎をすぐに治したいなら必ずやるべき5つのこと

口内炎
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誰もが1度は経験がある口内炎。口内炎に縁がない方からは「たかが口内炎」と軽く見られることもありますが、口内炎が口の中にできてしまうと、食事がしにくかったり辛いものやすっぱいものを食べるときに激痛が走ったり、気になってつい触ってしまったりしてしまうことも多く、日常生活に支障をきたしてしまいます。ときには3つ4つ複数できたり、噛んでしまって悪化させてしまいなかなか治らなかったりと本当に辛いですよね。

実は、そんな辛い口内炎をすぐにきれいさっぱり治す方法があるのです。今回は口内炎になってしまった時に即効で治す方法と、口内炎ができないようにする日頃の予防について見ていきましょう!

口内炎とは?

口内炎とは、口腔内に白い膜状なものが発生し周りが赤く炎症を起こして痛みを伴うものをさします。食事の時や歯磨きをする時など、患部に刺激を与えるとさらに強い痛みになります。

1、口内炎をすぐに治したいなら必ずやるべき5つのこと

口内炎は1〜2週間で自然治癒するため、痛みを我慢しながら治るのを待つ人も少なくないでしょう。しかし、ドラッグストアなどで手軽に購入できる市販薬を賢く用いれば、口内炎の炎症を抑え、傷を早く治すことができます。

1−1,即効で効果的な口内炎にきく市販薬

ドラックストアで購入できる代表的な市販薬は、いくつかあります。

口内炎の痛みを和らげたい場合は、直接ぬるタイプの薬がおすすめです。抗炎症成分トリアムシノロンアセトニド配合、ブリストル・マイヤーズの「ケナログ口腔用軟膏」がおすすめです。患部の炎症を鎮め、口内炎・舌炎を改善します。
【指定第2類医薬品】ケナログA口腔用軟膏 5g

また、触れたら痛いような外からの刺激に対して敏感な口内炎の場合は、口内炎に直接貼るタイプを選択するとよいでしょう。抗炎症成分シコンエキス配合、大正製薬の「口内炎パッチ大正A」がおすすめです。患部を刺激からしっかりカバーし、炎症を鎮めます。

【第3類医薬品】口内炎パッチ大正A 10パッチ

口内炎に触れたくない場合は、スプレータイプの薬もあります。抗炎症成分アズレンスルホン酸ナトリウム水和物配合、第一三共ヘルスケアの「トラフルクイックショット」がおすすめです。口の奥の口内炎にも使いやすいジェル状液のスプレータイプで、痛み・はれを鎮めます。
【第3類医薬品】トラフル クイックショット 20mL

また、ヘルペス性口内炎には処方薬であるゾビラックスという抗ヘルペスウィルス剤が効果的です。処方薬なので、この場合は、歯医者か歯科口腔外科を受診しましょう。
※薬を使用する場合は、必ず付属の使用方法と容量・用法を厳守して使用するようにしてください。

1−2,口内を清潔にするうがい薬

口内炎を早く治すには、口の中の細菌の繁殖を抑える必要があるため、殺菌・消毒効果のあるうがい薬も有効。塗り薬のような即効性はないものの、体の中から改善することができます。薄い塩水などで代用できますが、マウスリンスやイソジンなどのうがい薬が有効です。今回は、人気の高いデンタルリンス、リステリン トータルケアを紹介します。
薬用 LISTERINE リステリン トータルケア 1000mL [医薬部外品]

1−3,疲れが原因の口内炎はビタミン剤を飲む

口内炎にきく代表的なビタミン剤の市販薬は、エーザイの「チョコラBBプラス(ビタミンB群配合)」、第一三共ヘルスケアの「トラフル錠(抗炎症成分トラネキサム酸、ビタミンB2、B6、C配合)」などが有名です。

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠

【第3類医薬品】トラフル錠 24錠

1−4,薬に抵抗がある場合は蜂蜜を塗る

薬などを塗るのに抵抗がある人は、口内炎に蜂蜜をぬるようにしましょう。蜂蜜は殺菌作用が強く、鎮痛効果や炎症を抑える効果があります。蜂蜜を塗るのは毎食後に、口内炎になっている部分をきれいに拭いてからが効果的です。
昔から民間療法としてと入りれられてきた治療薬ですが、最近では医学的にも実験が進められ効果が認められています。

なかでも殺菌性の高いマヌカハニーがオススメです。
殺菌力が高いため、口内炎への効果はもちろん、他の蜂蜜に比べ虫歯になり難いという特性も持っています。口内炎に限らず、最近ではサプリメントとして利用する方も多いそうです。


サプリタイプのマヌカハニー

1−5,歯医者でレーザー治療を受ける

早く治す方法として歯医者で受けるレーザー治療があります。
口腔外科、歯科医によって、レーザーの機械装置を置いてある病院が限られていますので、ホームページなどで確認するか、事前に電話で歯医者に確認して受診しましょう。口内炎のためのレーザー治療の費用は1500円から3000円程の金額で受診できます。

2、口内炎の考えられる原因5つ

口内炎の種類や原因によって、炎症が起こる場所も多岐にわたります。口内炎は唇の裏側をはじめ、歯茎、舌、頬の内側、口角など、至るところにできます。まずは原因を知り、口内炎にならないように気をつけていきましょう。

2− 1,偏食による鉄分やビタミンの不足によるもの

食生活の偏りが主な原因ですが、そのなかでもビタミンB群(ビタミンB 8種類)の不足が大きな原因になります。

2− 2,ストレスや睡眠不足

胃腸が荒れていると、繊細な口の中の粘膜に異常が出ます。ストレスや疲労、睡眠不足により体力が低下したり、胃腸が荒れたりして、口内炎ができやすくなります。

2− 3,噛み合わせや、歯ブラシ、口内を噛むなどの口内の傷

日頃の歯磨きが強すぎたり、歯で思わず噛んでしまったり、虫歯や歯が欠けて鋭利となった箇所が口腔内に傷を作ったり、硬い食べ物を食べることで口腔内の粘膜が傷つき炎症を起こすことがあります。

2− 4,口腔内の不衛生、プラークの付着した入れ歯の装着

虫歯や入れ歯が合わない状態で放置しておくと、尖っている部分が口の中の粘膜を傷付け、口内炎が出来ます。さらに不衛生の場合はそこから細菌が入り、口内炎は深く、痛みが強いものになっていきます。

2− 5,歯磨き粉成分による粘膜の損傷

歯磨き粉の中には有害とされる「ラウリル硫酸ナトリウム」が入っているものがあり、刺激となり口内炎になる可能性があります。

3、口内炎のときに避けたい食べ物

口内炎になってしまう時、痛みがでそう、、や、口内がしみそう、、、といった理由で食事を避けてしまう場合があります。避けるべき口内を刺激するたべものは、熱いもの、冷たいもの、香辛料が強いもの、たばこ、炭酸やアルコール飲料、塩分が強いもの、スナック菓子などです。

4、口内炎を予防する

口内炎は、症状が出てすぐに処置をすることが大切です。とくに、口の中にいる細菌の繁殖を抑えて増殖をブロックすることで、口内炎の進行を防ぐことができ、炎症がひどくなる前に回復を促すことができます。

4−1,初期の口内炎と予防はビタミンB2とビタミンCの摂取

口内炎の炎症を起こしにくくし、治りやすくするために重要な栄養素は「ビタミンB2」と「ビタミンC」です。ビタミンB2はうなぎやレバー、青魚に多く含まれているので、食生活に取り入れましょう。ビタミンCは野菜や果物に多く含まれているので、日頃から偏食せずに野菜を取り入れる工夫をしましょう。

4−2,口内洗浄液を使って口内を清潔に保つ

洗口液を使い、念入りに口の中、患部に行きわたるように10-30秒ゆっくり
と時間をかけてうがいします。朝起きた後、ご飯を食べた後、帰宅後、寝る直前のタイミングでうがいをすると良いでしょう。

4−3,体の免疫力を保つ

体の抵抗力が低下すると、小さな傷や少しのウイルスで粘膜にダメージが加わり口内炎ができてしまいます。日頃からしっかりと睡眠をとって、体全体の抵抗力を高めておくことによって、口内炎を防ぐことができます。

5、口内炎の種類と症状

ひとことで口内炎といっても、口内炎には主に3つの種類とそれぞれの症状があります。

5− 1,疲労や免疫力の低下が原因と考えられる「アフタ性口内炎」

口内炎で悩まれる人の多くが患っている口内炎が、このアフタ性口内炎です。
個人差はありますが、真中が少し窪む、または表面が白く周囲が赤い潰瘍が現れるのが特徴です。灰白色斑(アフタ)と言われています。

5−2,物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」

カタル性口内炎は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側をかんでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。はっきりした境界線があまりなく、口内全体が赤く腫れていきます。そのため見た目で症状は比較的わかりにくいものです。痛みは比較的強くないですが、唾液の分泌量が増えて口臭が気になります。また口内に熱を感じ味覚が鈍る場合があります。酸味や辛味といった刺激の強い食べ物を口にすると、口内がしみることがあります。

5−3,ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」

ヘルペス性口内炎(ウィルス性口内炎)

ヘルペス性口内炎は、特に生後6か月以降の乳幼児に発症することが多く、唇や舌などの口内に唇ヘルペスという潰瘍が現れて赤く腫れ上がり、激しい痛みと発熱(38度の高熱)を伴います。口内の皮膚だけでなく、喉などいたるところに発症する厄介な口内炎です。
ヘルペスウィルスによる感染症の種類は他にも複数あり、口内炎になる人は全体の中ではあまり多くはなく1割程度と言われていますが完治しないと、ほかの人へ伝染することがありますので、しっかり治してから会社や学校、幼稚園に行くようにしましょう。

カンジダ性口内炎

白い苔が舌や頬といった口の中全体に広がり、見た目に現れやすい口内炎です。白い苔だったものから赤く炎症をおこしていき、強い痛みも伴うようになります。この口内炎にかかること稀ですが、重大な疾患と併発することが多いことから、口内炎が引かない場合は口腔外科を受診し治療を進めましょう。

5−4,口腔内の組織を腐敗させる壊疽性口内炎

最も注意しなくてはいけないのが、口腔内の組織を腐敗させてしまう恐ろしい口内炎です。稀に肺炎や麻疹など身体の免疫力が低い時にも発症すると言われています。全身状態が安定し口腔衛生状態が良好であれば発病することはありません。

6、口内炎の症状が続く時に注意したい病気

口内炎の症状が似ており、実は深刻な別の病気の可能性があります。口内炎の処置をしても1〜2週間口内炎の症状がつづくようでしたら、下記の病気を疑ってもいいかもしれません。近くの口腔外科を受診するようにしましょう。

6−1,舌の口内炎は舌がんに似ているので要注意

舌にできたアフタ性口内炎と舌がんの初期症状は非常によく似ています。口内炎は、患部の周りに赤みがあるのに対し、舌がんは縁がギザギザしていて硬いのが特徴です。しかし素人では判断は難しいので、2~3週間以上症状が続く場合には口腔外科で診察を受けましょう。

6−2,繰り返し、重症化すると他の疾患を呼ぶ

きちんと治療をすれば、口内炎は約1週間から10日程度で治ります。しかし症状が長期化したり度々くりかえし発症していると、重症化したり他の大きな疾病を引き起こす場合もあるので、口腔外科を受診し原因改善と治療をするよう心掛けましょう。

6−3,ベーチェット病

ベーチェット病とは全身疾患であり、初期の頃口内炎が多くできることがあります。しかし他の口内炎と鑑別することは難しく、ベーチェット病の他の症状、目の炎症、皮膚の紅斑、外陰部の潰瘍によって診断されます。

6−4,白板症

口内炎と間違えやすく、粘膜が白く見えるもので形や大きさ、色は様々で、痛みはないものです。白板症は癌になる可能性がある症状でもあり、口腔外科等で組織検査の必要があります。痛みはほとんどなく、処置は切除する場合とそのまま観察する場合があります。

7、口内炎になった時に受診するのは、歯科口腔外科

口内炎になった際は、口腔外科を受診しましょう。
口内炎が長引く、炎症が口中や口の外へ広がっている、また発熱や全身倦怠感がある場合は、他の病気の可能性があります。例えばウイルス性口内炎の場合は、皮膚科や耳鼻咽喉科で抗ウイルス薬を処方してもらう必要があるので、なるべく早めに専門医を受診しましょう。

8、まとめ

一般的な口内炎は口の中を清潔に保ち、栄養状態を改善して体力を取り戻し、塗り薬を継続して塗れば治ります。しかし、それだけでは治らない口内炎は普通の状態ではないということです。そのような口内炎を放置してしまうと、悪化したり、癌化したりする可能性があります。10日から2週間経っても口内炎が治らなければ、口腔外科のある歯医者を受診しましょう。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る