歯がしみる原因は知覚過敏!原因と対処法は!?

hagasimiru
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯がしみることありませんか?例えば、飲み物を飲んだときや風邪が当たったとき、歯磨きをしているときなどに、歯がしみることが増えてきたら、それは知覚過敏の症状かもしれません。最初はしみる原因を虫歯かな?と疑う人も多いと思いますが、歯が痛いのではなく歯がしみると感じるときに最も多い症状は知覚過敏です。
歯がしみるのは、地味ですが辛いですよね。ただ、虫歯と違って我慢ができるため、放置してしまっている方も多いのではないでしょうか?

しかし、痛みが軽いからといって放置していると、知覚過敏は徐々に悪化していき、最悪の場合は神経が死んでしまうこともあります。まずは歯がしみる原因が何か正しく判断し、適切な対応を行いましょう。また、少しでも痛みが増してきたり、他の原因が考えられる場合は必ず歯医者に行って診てもらいましょう。

この記事を読めば、歯がしみていることの原因を知ることができます。原因がわかれば、対処法、予防法も見えてきますので、合わせて知ることができますよ!

1)歯がしみる原因は知覚過敏?虫歯?

歯がしみる!と感じたときに考えられる原因は知覚過敏と虫歯の大きく2つです。まずは、2つの症状の違いを把握し、正しい原因を把握していきます。

1-1.知覚過敏の症状

知覚過敏の症状は下記です。これらが当てはまる場合は、知覚過敏の可能性が高いといえます。
・冷たい食べ物や飲み物、温かい食べ物や飲み物、全てしみるが、特に温かいものを口に入れるとしみる。
・甘い食べ物や酸っぱい食べ物を口に入れるとしみる。
・風が歯に当たるとしみる。
・歯磨きをしたときに歯がしみる。
・歯の付け根の箇所を爪で押すと歯が痛い。
・歯肉が下がって、歯が長くなったように見える。
・しみる痛みは一時的である

1-2.虫歯の症状

虫歯の症状は下記です。これらが当てはまる場合は、虫歯の可能性が高いといえます。
・しみるというよりもズキズキするように歯が痛い
・冷たい食べ物や飲み物、温かい食べ物や飲み物、全てしみるが、特に冷たいものを口に入れるとしみる。
・甘いものに強くしみる
・痛みを持続的に感じる

1-3.歯がしみる原因の知覚過敏と虫歯の症状の違いまとめ

表にして比較すると、下記のようになります。当てはまる項目が多い方が、歯がしみる原因と考えて間違いないでしょう。

知覚過敏 虫歯
痛み方 しみる痛み ズキズキ痛い
食べ物 特に温かいものがしみる。 特に冷たいものがしみる。
甘いものがしみる。
しみる時間 一時的に痛む 持続的に痛む
見た目 歯が長くなったように見える 黒い虫歯のようなものが見える
その他 風が当たるとしみる
歯磨きがしみる

1-4.歯がしみるその他の原因

上記以外の理由で歯がしみる可能性もあります。たとえば、ホワイトニングを行っている際に、不快症状として、歯がしみる場合があります。また、銀歯の治療を行った直後も、歯がしみる場合があります。詳細は銀歯がしみる理由|治療後でもしみるのには明確な理由があった!の記事で紹介しています。

しかしこれらの原因でしみるのは、一時的なものです。すぐにしみる痛みが引けば、特に心配はありませんので安心してください。

2)歯がしみる理由である知覚過敏になる原因

歯がしみる原因が虫歯の場合は、すぐに歯医者に行くことをおすすめします。虫歯には進行度があり、初期症状のうちに歯医者に行くことができれば治療の費用も期間抑えることができるためです。
それでは、歯がしみるときに最も多い症状である、知覚過敏の原因を見ていきます。そもそも知覚過敏とは歯がどのような状態になっているのでしょうか?

知覚過敏とはどんな状態か?
知覚過敏になると、エナメル質の内側にある象牙質が露出してしまいます。その結果、刺激が神経に伝わりやすくなってしまい、しみる痛みを感じるのです。何かしらの原因があり、普段歯の表面が覆われているはずのエナメル質が薄くなってしまったりしまったり、エナメル質に覆われていない根元の箇所が露出したりします。その結果、知覚過敏は引き起こされるのです。

それでは、原因をみていきましょう。

2-1.歯磨きのやり方がまちがっていることが原因

歯磨きを行う際に、磨く力が強すぎたり、または磨きすぎてしまっていることによって、エナメル質が削れてしまうケースです。エナメル質が削れた結果、象牙質が露出してしまいます。
正しい歯磨きの方法については、自宅でもできる!歯周病の正しい治し方と日々のケアの記事でも紹介していますので、参考にしてみたください。

2-2.飲食物に含まれる酸による歯茎の損傷が原因

炭酸飲料や酸っぱい食べ物を頻繁に食べる人は、食べ物に含まれる酸によって歯のエナメル質が溶かされている可能性があります。その結果、象牙質が露出してしまいます。

2-3.歯茎が下がってきたのが原因

歯周病によって歯茎が下がってきて、それに伴って象牙質や歯根が露出してしまっているケースです。
歯茎が下がる
参照:http://www.perio-tokyo.jp

2-4.歯ぎしりや食いしばりが原因

歯ぎしりや食いしばりが起こると、その強い力で歯に大きな負担がかかります。その結果、歯が割れたり欠けたりしてしまいます。それと同時に、歯がえぐれるように削れることもあり、知覚過敏になる場合があります。

3)歯がしみるときの知覚過敏の対処法

3-1.知覚過敏用の歯磨き粉を利用する

知覚過敏になって最も最適な対処法は、歯医者に行って治療を行ってもらうことです。それも、悪化しないうちに早めに診てもらうと尚良いといえます。しかし、歯医者に行く時間がない方もいると思いますので、まずは自宅でできる方法を紹介します。
まずは、知覚過敏の痛みの緩和に効果がある歯磨き粉を紹介します。近くの薬局などで売られている「シュミテクト」などの知覚過敏用の歯磨き粉を使用すれば、緩和の効果を期待できます。知覚過敏用の歯磨き粉に含まれる硝酸カリウムという成分には、露出してしまった象牙質をカバーしてくれる役割があるためです。

また、歯磨き粉を交換しただけで知覚過敏のしみる痛みが緩和されていれば、知覚過敏はまだ軽度の段階と考えられます。
syumitekuto
参照:http://www.amazon.co.jp

3-2.患部へ薬を塗る(コーティング)

歯医者に行って行われる治療法が、患部に薬を塗るコーティングです。しみる痛みの原因となる、露出している象牙質を直接コーティングしていく治療法です。また、歯磨きをする度にコーティングは剥がれていくため、定期的に行う必要があります。

3-3.歯周病が原因の場合は歯周病治療

歯周病が原因で知覚過敏が起こっている場合は、当たり前ですが歯周病の治療が必要になります。歯周病の治療については、自宅でもできる!歯周病の正しい治し方と日々のケアの記事でも書いていますので気になる方は確認してみてください。

歯周病を治療したら余計しみるようになった?
歯周病を治療する際に、歯石除去を行います。そのときに、一時的に知覚過敏がひどくなり、余計にしみることがあります。これは、しみる痛みの原因である象牙質を歯石が覆っていた箇所が、歯石を取り除いた結果、露出したためです。一時的なので、しばらく時間が経つと痛みは消えていきます。

3-4.マウスピース

歯ぎしりや食いしばりが原因の知覚過敏には、マウスピースを使用して対処を行います。歯ぎしりを治すことが最も理想的な方法ではあるものの、歯ぎしりには疲れやストレスなど様々な原因によって引き起こされるため、すぐに治すのが困難です。そのため、歯ぎしりや食いしばりから歯を守ってくれる効果のある、マウスピース(ナイトガード)を利用するのです。

マウスピースを使った具体的な治療は歯医者で行いますので、まずは歯医者に行って先生に相談してみましょう。

3-5.神経を抜く

これまで紹介した全ての治療法でも知覚過敏が治らない場合は、最終手段として歯の神経を抜く治療を行います。歯の神経を抜く治療については、どうしても普段の生活している中で耐えられない場合に限って行うことがおすすめです。何故なら、神経を抜けば痛みはおさまりますが、その代償として虫歯ができたときに気づきにくくなったり、歯が割れやすくなったりと、デメリットも複数存在するためです。

まとめ

いかがでしたか?まずは自分の歯がしみる痛みの原因か何かを把握し、それに沿った対処法を実践してみてください。ご自身で解決できない場合は、歯医者に行って相談してみてくださいね。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る