「歯磨きしても口が臭う」それ、歯槽膿漏かも? 原因と対処法

kyousei_0046
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『自分でも口臭が気になって人と話すのが少し怖くなった』
『歯を磨いたときに出血があった』

最近こういった症状がでていませんか。
もしかしたら、歯槽膿漏になってしまっているかもしれません。
一生付き合っていく大事な歯ですから、とことんきっちりと治したいですよね。歯槽膿漏の症状と治療法について解説していきます。

1. 歯槽膿漏とは

iz-front-before-450
出典:http://amanodental.com/case/decay-iz-front.htm

1-1 歯周病と歯槽膿漏の違い

歯周病とは、歯茎といった歯の周り全体の病気のことです。歯周病になると、歯茎が腫れてくる歯肉炎から始まり、さらに症状が進行すると歯槽膿漏となり、歯を失くしてしまうことになります。
程度の違いはありますが、一般的に歯周病と歯槽膿漏は同じものと捉えていただいて問題ありません。

1-2 症状と原因

歯槽膿漏の症状にはさまざまありますが、日常生活のなかで比較的わかりやすい症状を挙げていきますと、以下のようなものがあります。

●歯磨きの時に歯茎から出血する。
●歯茎が下がってしまっている。
●口臭が強くなり口の中がいつもべっとりしている。
●歯茎が大きく腫れて痛くなる。

口の中がべっとりしているように感じるのは、歯の周りの骨が溶けることで歯と歯茎の間に膿がたまるからです。
歯の周りの骨が溶ける理由も複数ありますが、噛み合わせの悪さがひとつの例として挙げられます。
噛み合わせが悪いと、歯を支える骨に負担がかかり、「咬合性外傷」と呼ばれる状態になり、溶けてしまうのです。

また、歯茎に膿がたまることは痛みを腫れの原因になるだけではありません。
膿によって歯を支えられなくなり、ぐらぐらしてしまうことでさらに噛み合わせが悪くなるので、ほかの歯にも悪影響が出てしまうのです。最終的には歯が抜けてしまうこともあります。

2. 歯槽膿漏の治療法

2-1 朝と寝る前に歯を磨く

af9920077930w

歯槽膿漏が進行するのは、夜寝ている時間です。
夜は唾液の分泌量が少なくなるので、唾液に含まれている殺菌成分が減ってしまい細菌が多くなります。よって、細菌が口内に最も多くいるのは朝ということに。
ですから、朝と寝る前に歯をしっかりと磨くことで口内の細菌を減らしましょう。
細菌の増殖を防ぐ口内洗浄液を使うのも有効です。

歯垢染め出し液を使ったことはあるでしょうか?

これは、その名前の通り歯垢に色を付けて、磨き残しをわかりやすくするものですが、徹底的に細菌を取り除くにはとても有効なアイテムです。
自宅で歯垢染め出し液を使うことは一般的ではないですし、少々億劫かもしれませんが、一度歯磨きを終えた後に、この歯垢染め出し液を使って磨き残しを確認した後に、再度丁寧に歯磨きを行うことにこだわってみるのもアリでしょう。

2-2 歯間ブラシを使う

歯を磨いた後は、歯間ブラシを使って歯ブラシだけでは届かない歯と歯の間の歯垢も取り除きます。
歯間ブラシにも歯ブラシと同様にサイズがあるので、傷つけないようにするために適切なサイズのものを使う必要があります。サイズの目安としては、歯茎に毛先が当たって多少抵抗があるくらいがちょうどいいでしょう。

2-3 歯磨き粉にもこだわる

歯磨き粉
しっかりと歯磨きをしていても、使う歯磨き粉が良くないものだと、意味がありません。
ホワイトニングなど様々な効能を持つ歯磨き粉がありますが、歯槽膿漏を改善するためには、
歯茎の腫れや出血を抑える歯磨き粉を使うのが適切です。

ただ注意していただきたいのが、「歯磨き粉をつけすぎること」です。
歯磨き粉の多くには研磨剤が入っており、使い過ぎると歯の表面のエナメル質を剥がししてしまいます。逆に口内環境が悪化する恐れがあります。
また、粒が含まれているタイプの歯磨き粉は、後述の「歯周ポケット」に粒の欠片が溜まり、歯茎にダメージを与える恐れもあるのであまりおすすめできません。

2-4 歯石を取る

歯石とは、歯垢が唾液や血液と結びついてできるものです。
唾液の中のカルシウムやリン酸と歯垢が反応することで歯石ができてしまいます。歯石は、歯茎の中で硬く歯にこびりついているので、自宅で何とか取り除くのはかなり難しく、無理に取ろうとすると歯そのものを傷つけてしまう可能性があります。ですから、歯槽膿漏になってしまった場合は、歯医者へ行って超音波の振動や歯石を取るための器具を使ってとってもらいましょう。
ただし、出血や歯茎の腫れが収まってからでないと歯石の取り残しができてしまうため、何よりもすぐに歯医者へ行って治療の計画を立てましょう。

2-5 歯周ポケットもケアをして洗浄する

歯周ポケットというのは、歯と歯茎の境目の溝がポケットのように深くなってしまうことで、ここに細菌がたまり歯槽膿漏が進行してしまいます。
ケアの方法は、歯医者へ行って歯石を取り除いてもらうことで歯茎を引き締めます。また、溶けた骨を再生させることでポケットを浅くすることもできます。定期的に歯医者でポケット内を洗浄してもらい細菌を外へ追い出してきれいにしておきましょう。

まとめ

社会へ出て生活するうえでエチケットというのはとても大事なものです。口臭をケアすることも立派なエチケット。臭いがきついかなと気になったら歯槽膿漏を疑いましょう。

歯槽膿漏は一度深く進行してしまうと、完全な改善は難しくなってしまいます。
何よりも大切なのは、早め早めの歯医者への相談と、日ごろの歯磨きなどの生活習慣の見直しです。これだけでも、健康な歯を取り戻す可能性を高めることができます。

毎日の歯磨きの徹底と、定期的な歯医者でのクリーニングで歯から健康になりましょう。

自分に合った歯医者を予約できるサイトはこちら!

https://estdoc.jp/

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る