歯茎が赤い、出血した!これって歯肉炎?治し方とケアの方法

PAK96_nensyuhikuibiz20131223
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯磨きの時、ふと鏡を見ると『なんだか歯茎の色がいつもより赤いかも』と感じたり、
歯磨きをすると、痛みはないのに出血をしていた、と不安になったりしたことはありませんか。
ひょっとすると歯肉炎かもしれません。聞きなれない言葉かもしれませんが、

なんと歯周病の初期症状なのです。

しかし、自宅で日ごろからケアをすれば改善することができます。

1.歯肉炎とは

1-1 歯肉炎の原因

歯肉炎とは歯周病の初期症状であり、原因は垢や歯垢が固まった歯石、細菌によるプラークです。
プラークは歯ブラシの届かない歯と歯の間や歯肉の縁にたまりやすく、気づかぬうちにさまざまな口内環境の悪化を引き起こす原因となります。

1-2 症状

症状には、

●歯茎が腫れている。
●歯磨きの時に痛みはないが出血がある。
●朝起きたときに口の中がネバネバする。
●口臭が気になる。

といったものがあります。
初期症状だからと言って放置していると、
悪化して歯周病、最終的に歯槽膿漏へと発展し、歯が失うリスクとなりうる、油断できないものです。

2. 自宅でできるケア方法

2-1 日ごろから丁寧な歯磨きを!

1304246top
まずは歯ブラシの選び方です。歯ブラシは硬いものではなく柔らかいもの、毛先の細いものにしましょう。
ブラシ部分がギザギザ状にカットされているものもありますが、これはホワイトニング目的で使用するのが良いでしょう。歯垢の除去や、予防のための日常的な歯磨きの際は、ブラシの歯に当たる面が平らなものを使うのがおすすめです。

続いて磨き方。普段から行えるケアとして効果の高い方法は、

・歯と歯茎に歯ブラシの毛を直角に当てて小刻みに振動させる。
・振動の幅は2~3ミリ、20回ほど振動させる。

というものです。
このとき意識すべきなのは、歯の列を全体的に磨くのではなく、「1本1本を丁寧に磨き上げる」ということ。

歯の裏側など、歯ブラシを直角に当てることが難しい場合は角度を45度程度にしても問題ありません。
いちばんのポイントは、ガシガシと勢いよく磨くのではなく「優しく丁寧に磨くこと」です。

2-2 歯磨きにデンタルフロスをプラス

Beautiful young woman smile. Dental health background.

歯磨きだけでは届かない歯と歯の間も要注意です。こういうところにもプラークなどが生じ、歯肉炎に発展してしまいます。
実は、どんなに丁寧に歯磨きをしても歯垢を完全に除去することは不可能で、取りきれなかった歯垢の多くは歯間や歯と歯茎のあいだに残ってしまうのです。
デンタルフロスを使うというひと手間をかけて、歯と歯の間もきれいにお掃除しましょう。

2-3 口呼吸から鼻呼吸へ

Profile of feminine face with closed eyes and make-up
歯茎の粘膜は、唾液によって守られています。唾液の中には殺菌作用のある成分が含まれており、口呼吸を続けていると唾液が乾燥して、唾液というバリアーがなくなってしまいます。

これにより歯茎が無防備となってしまうため、歯肉炎が起こりやすくなってしまうのです。また、口呼吸は口臭の原因にもなるので、呼吸法を鼻呼吸へと変えることは日ごろのケアとしてもとても重要なものになります。

余談ですが、口呼吸から鼻呼吸に変えることについては、口内環境だけでなく美容や健康維持にも有効であると言われています。気になった人はチェックしてみてくださいね。

2-4 甘いもの断ちより、その後のケアを心がける!

original
歯の健康のために甘いものをやめる、というのはよく耳にしますが実際のところ難しいものです。
ちょっとしたご褒美に甘いものを、という方や疲労回復に食べるという方は少なくないはず。
それを一気に断ってしまうのは苦しいし長続きしないばかりか、ストレスにもなってしまいます。

しかし、「我慢するのではなくその後のケアを早く、丁寧に行う」という心がけならだれでも気軽にできるのではないでしょうか。
出先で歯磨きができないという時でも、食後に口をゆすぐだけでも口内環境は清潔に保つことができますし、口内洗浄液を使えばさらに効果的です。

ちょっとしたひと手間で、楽しみを失わずに健康を維持していきましょう。

3. 改善が見られなければ歯医者へ相談を

m015-228
上記のケアを心がけても改善がなければ、すぐに歯医者さんへ相談しましょう。
自分では判断しきれない、歯肉炎の状態に応じてケアをしてくれます。
ひどいときは歯茎を切開することもあるので、少しでも不安を感じたなら、できるだけ早く相談しましょう。

歯科医院に行くとなると気が引けてしまうという人もいると思います。
しかし、最も安心かつ確実な治療方法は、歯医者による歯垢や歯石の除去・クリーニングです。
また、上記で紹介したような歯磨き方法、また抗生物質による治療について、専門家による指導を受けることも望ましいでしょう。

まとめ

歯茎が赤くなっている場合や、出血が見られるときは歯肉炎を疑いましょう。
歯周病の初期症状であるからと言って、決して甘く見てはいけません。歯周病は最悪の場合、命にかかわるケースもありえるのです。
しかし、心配しすぎるのも禁物。これからの未来も長く自分の歯と付き合っていくために日ごろのケアをしっかりと行っていくことが大切です。

自分に合った歯医者を予約できるサイトはこちら!

https://estdoc.jp/

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る