親知らずを抜いた後の一般的な経過と注意すべき5つのこと

abdabc707adf9d61e139d77961b43edf_s
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「親知らずを抜いて何日か経過しているが、痛みや腫れが続いていて、順調に治っているのか心配!」という方のために、親知らずの経過からドライソケットについて、抜いた後のの過ごし方に関してまとめてみました。親知らずを抜いた方はこれを見れば経過や不安な症状など、解消することまちがいなしです。

1.親知らずを抜いた後の経過

まずは一般的な親知らずを抜いた後の経過に関して、抜歯当日から抜糸後までの様子を注意事項も合わせてご紹介いたします。自分の経過とぜひ比較し、今後の過ごし方など参考にしてみてくださいね。

1−1 抜歯後当日

親知らずを抜いた後、麻酔は1~3時間程度できれます。麻酔が切れる前に痛み止めを飲んでおくと、麻酔が切れた時の不快さや強い痛みを防ぐことができます。
また食事は、麻酔が切れてから取るようにしましょう。その際に、固い食べ物は食事の際に傷口を傷づけてしまう恐れがあるため、なるべく柔らかくて栄養素が高い物を食べましょう。
お風呂は血流がよくなり出血の原因になるため、長風呂はせずシャワーだけにしておき早めに寝てください。

1−2 抜歯後翌日~2日目

翌日~2日目くらいだとまだ、止血しきらない場合もあるため、唾に血が混じっていても心配する必要はありません。気になってうがいをするとドライソケットの原因になる可能性があるため、気になってもなるべく我慢しましょう。
親知らずの痛みは当日よりも翌日、もしくは2日目に痛みのピークがくると言われています。痛みを感じたら我慢せずに痛み止めを服用しましょう。
また、腫れも痛みと同様にしてピークがきます。そのため、お仕事でどうしても腫れてしまったら困る、というかたはマスクで隠すか、お休みをとるのであれば抜歯後2日目と3日目にお休みを取得しておくのが良いかと思います。
痛みや腫れは、親知らずの抜歯にはつきものなので深刻に考えず、なるべく安静に過ごしましょう。

1−3 抜歯後3日以降

親知らずを抜いて3日以降も痛みや腫れは続くことが多いです。だいたい1週間程度で痛みや腫れは治るので、それまでの期間は、あまり無理をせず痛む時は痛み止めを飲んで安静にすごしましょう。
万が一、一週間以上たっても腫れや痛みが良くならない場合は感染症やドライソケットの恐れがあるため、歯医者さんへ相談にいきましょう。

2.ドライソケットは血餅が鍵!

親知らずを抜いた後に痛みがある場合、もしかしてドライソケットでは?と心配に思う方も多いかと思います。
そもそもドライソケットはどういう症状でなぜ発症するのか。ドライソケットと一緒に耳にする血餅って何?といった疑問をご説明したいと思います。

2−1 ドライソケットとは

親知らずを抜いた後、通常ですと血液が傷口を覆い治癒していくのですが、何らかの影響で傷口が覆われず歯がむき出しになっている状態のことを言います。ドライソケットの主な症状は、下記になります。

・抜歯後2~3日後に痛みどめが効かない程ズキズキと痛む

・痛みが2週間以上長引いている

・飲食時に特に激痛がはしる

以上です。
ドライソケットの治療には、2週間から長いと10週間ほどかかるそうなので、少しでも不安に思ったら早めに歯医者さんへ相談しに行きましょう。

2−2 血餅とは

2-1で説明しましたが、ドライソケットとは、傷口が血液で覆われず歯がむき出しになることです。
この傷口で覆う血液の塊のようなものを血餅(けっぺい)と言います。
実は親知らずを抜いた後、順調に回復させるためにはこの血餅が非常に重要となってきます。血餅はけがをした際にできるかさぶたのようなもので、外部から傷口を守る役割をしています。
血餅は親知らずを抜いた翌日には出来、1週間以上するとはがれおちます。しかし、血餅はゼリーのような状態ではがれやすいため頻繁にうがいをしたり、傷口を舌などでさわってしまうことで簡単にとれてしまう恐れがあります。何度も言いますが、血餅がはがれおちてしまうとドライソケットの原因となるため、血餅が剥がれおちないように気をつけましょう。

3.親知らずを抜いた後に注意すべき5つのこと

親知らずを抜いた後の経過に関してわかったけど、とにかく早く親知らずを抜く前の普通の生活に戻りたい!と思っているのではないでしょうか。そんなみなさんに親知らずを抜いた後に早く回復するために注意すべき5つのことをまとめたので抜いた方やこれから抜くという方は参考にして過ごしてみてください。

3−1 食事はしっかりと栄養をとること

親知らずを抜くと抜いたところが気になったり、腫れて痛みがあることで食欲が落ちてしまう方も多いかと思います。また、気にし過ぎて柔らかいうどんやおかゆばかり食べてしまい偏った食生活を送る方も多く見受けられます。親知らずを抜いた後の傷口を治すには治癒力が重要となってくるため、治癒力をつけるためにも3食しっかり栄養のあるごはんを食べることが重要です。

3−2 アルコールを控える

アルコールは血流を良くする働きがあるため、しっかりと止血できていない場合、再度出血を起こしてしまう可能性があるため、抜歯から数日間は飲まないようにしましょう。また、親知らずを抜いた後は必ず抗生物資が歯医者さんから処方されます。薬を服用している間に飲酒をするときちんとした効用が得られない場合がありますので、薬が完全に飲み終わってからアルコールを摂取することをお勧めします。

3−3 喫煙を控える

タバコに含まれるニコチンは、歯茎の毛細血管を委縮させ血流を悪くさせてしまいます。そのため、傷の治りが遅くなるので、治るまでは控えることお勧めします。どうしても早くタバコを吸いたいという方も最低でも親知らずを抜いてから1週間程は控えましょう。

3−4 歯ブラシやうがい に気をつける

口の中や口臭がきになり頻繁にうがいをしたくなるかもしれませんが、必要以上にうがいをすると血餅がはがれてしまう場合があるので気をつけましょう。
また、歯ブラシも親知らずの隣の歯を磨く際には、傷口にあたらないように気をつける必要がありますが、上手く磨けないとそこの歯が虫歯や炎症の原因になる恐れもあります。傷口にあたってしまうなど上手く磨けない場合は、ワンタフトという、通常の歯ブラシよりもブラシ部分が小さい歯ブラシがあるのでそちらで磨くと上手く磨けます。

3−5 安静にする

親知らずを抜くという行為は手術の一つです。早く元の状態に治すためには治癒力と免疫力が重要となってきます。過度な運動を行ったり、夜遅くまで起きていることのないようにしましょう。風邪をひいた時と同様、安静にしてしっかりと身体を休ませることで親知らずを抜いた後の経過が順調になります。

4まとめ

親知らずを抜いて不安に思っていたことは、解消されたでしょうか?少しの痛みや腫れはつきものなので、あまり神経質にならず1週間程度は我慢をして、良く食べ、良く寝ることが抜歯前の状態に戻る近道になります。
親知らずを抜いて間もない方は、今回の記事を参考にして早く治るように生活を見直してみてくださいね。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る