親知らずの虫歯治療法と放ってはいけない2つの理由

m015-240
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

親知らずが虫歯になっている人の中には、「抜歯しか治療方法がないの?」と治療方法に関して不安に思っている方や、そこまでしっかりと考えておらず、「痛みなどもないし、親知らずの虫歯をしばらく放っておいても大丈夫でしょう」と安易に考えている方、色々な方がいるかと思います。
しかし、実は親知らずの虫歯は放っておくと大変なことになります。
逆に虫歯かな?と思った時点で早めに歯医者へ行くことで痛い思いをせずにすみます。親知らずが虫歯になっている人、全員必見の内容です!

1.虫歯の親知らずを放ってはいけない2つの理由

まず最初に言えることは、現在親知らずが虫歯になっている場合はなるべくはやく歯医者さんへ行ってください。
痛みがなかったり、また昔から虫歯になっているが進行が遅いから大丈夫だと思っていても、必ず行くようにしてください。それでもまだめんどくさいなと思っている方は、これから放ってはいけない2つの理由をご説明するので読んでみてくださいね。

1−1 炎症が周囲までに広がる

親知らずの炎症は広がりやすく、虫歯が進行すると神経にまで炎症を起こします。ここまで進行してしまうと痛みも伴うはずですが、虫歯治療が怖い、めんどくさいというような安易な理由で治療を先送りにしていると、神経だけでなく骨や顎にまで炎症を起こします。
顎に炎症が起きると、顎の骨が腐敗により溶けて支えられなくなり、歯がグラグラになってしまいます。また、以前は痛みがあったけど炎症が一時的に治ったからといって放置をしていると、実は進行していて骨髄炎を発症してしまったなんてこともありえます。
さらに最悪の場合、喉や肺、心臓にも炎症を及ぼす可能性があります。その場合、肺炎や呼吸困難、心臓機能の低下など生死に関わるところまで発展してしまいます。

1−2 虫歯が周辺の歯まで影響を及ぼす

oyashirazu002
虫歯は虫歯菌により作られます。親知らずが虫歯になることで口内に虫歯菌が住み着いてしまうため、他の歯が虫歯になるリスクが高くなってしまいます。また、奥歯はどうしても磨きにくい歯のため、磨き残しも前歯などに比べて多くなります。
口内ケアが不十分の、隣の奥歯は虫歯菌にとって虫歯を作りやすい好環境です。親知らずが虫歯になってしまった場合、気づいた時には奥歯からいろんな歯へと虫歯が進行しているなんてことも少なくありません。

2.虫歯の親知らずの治療方法

1章の親知らずの虫歯を放置してはいけない理由を知って、早く治療したいと思ったみなさんに、今度は治療法に関してご説明します。
虫歯になってしまったら必ず抜歯をしなければならないと思いがちですが、実は抜歯だけでなく虫歯治療を行うことも出来治療方法が2種類あります。この章ではそれぞれの治療方法や治療の選択基準などを詳しくご説明します。

2−1 抜歯をせずに虫歯治療をする場合

親知らずも他の歯と同様に、虫歯部分を削り虫歯治療をすることができます。その場合、親知らずは一番奥に生えているため治療の際にかなり口を大きく開かないといけないため治療をするのが大変です。また、親知らずは奥歯できちんと歯を磨きにくく、再度虫歯になる可能性が高いため、1度虫歯になっている場合は、あまりお勧めできません。ただし、下記の場合は親知らずを残しておいた方がよいといえます。

・まっすぐ生えている場合

・前の歯やその他の歯が深刻な虫歯の場合

・噛み合わせの問題で必要な場合

他の歯に影響を及ぼすため、まっすぐ生えていることが大前提となりますが、親しらずを残しておけば他の歯がダメになった時に移植したり、ブリッチの土台として使用することができるため上記の場合は必要となります。

2−2 抜歯治療をしなければならない場合

特に2-1の親知らずを残しておいた方がよい状況に当てはまってはいないが、とにかく抜歯をしたくないという人もいるかと思います。そんな方は次の項目にあてはまらなければ、抜歯をせずに虫歯治療で済む場合もあります。自分の状況と照らし合わせてみてくださいね。

・ 斜めに生えてきている場合

斜めに生えてきている場合、周りの歯を押してしまい歯茎が炎症を起こしてしまったり親知らずだけでなく周辺の歯も虫歯になりやすいため必ず抜歯治療を行うことになります。

・ 親知らずの虫歯が深刻な場合

親知らずの虫歯が神経まで進行している場合は、治療して治る可能性が低いため治療する選択をしたとしてもいずれ抜歯せざる終えない状況になることが多いです。

・ 親知らずとその前の歯の間が虫歯になってしまった場合

この場合、奥歯をしっかりとした状態で残すために親知らずを抜歯しその前の歯の治療に専念することになります。万が一、治療を選択し治療できた場合もすぐに再発の可能性があります。最終的にどちらの歯も抜歯しなければならない状況になりかねません。

3.まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?今、親知らずが虫歯になっている人は、軽度であれば治療の選択の幅が増えるためまずは早く歯医者さんへ治療をしにいきましょう。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る