【入門編】本当に選ぶべき入れ歯と種類別の費用を大公開

df8f2cc58130506676cd850f3f283d07_s
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めて入れ歯の導入を検討されている方、また現在使用中の入れ歯や差し歯・ブリッジなどから変更を考えている方にとって、その費用面はどうしても気になるところだと思います。
こちらの記事では入れ歯の種類別相場感や保険適用内と適用外での費用や質の違いを説明していきます。読み進めていただくことで入れ歯に対しての知識と「自分が選ぶべき入れ歯はどれか」ということがわかってくると思います。ぜひ最後までお読みいただき実際にかかりつけ医と導入に向けた話し合いをする際の参考にしてください。
それでは早速本題に入っていきましょう。

1.保険を適用するかどうかで値段が大きく変わる

既に導入されたことのある方には繰り返しになってしまうと思いますが、入れ歯は

保険の適用範囲内で作るか、

ある程度の自己負担を覚悟で保険適用外のものを作るか、

で導入までにかかる費用が大きく変わってきます。以下で詳しくみていきましょう。

1−1保険適用内の入れ歯は安いが品質は最低限

歯というものはケアをしていても事故など何らかの事情により損傷してしまったり、虫歯により抜けてしまったりと不測の事態が起きがちな部位です。そのため国としても最低限の処置であれば、医療保険が適用できるような仕組みを作っています。

医療保険が適用できれば3割の負担で治療を行うことができますので費用はグッと抑えられます。
素材はプラスチックのものに限られるのですが(部分入れ歯は固定するための金具が付属する)、

①上の歯や下の歯を丸々全部装着する形になる「総入れ歯」が約1万円~
②数本だけなど部分的に導入する「部分入れ歯」は約5千円~

といった具合に比較的安価に導入することが可能です(虫歯の処置など別でかかる費用もありますので具体的な治療費の総額はかかりつけ医にご相談下さい)。

但し、先にも記載しましたがこれは日常生活を送る上で「最低限度」の質を保つためのシステムとなりますので、
「見た目の綺麗さ」や「長時間つけていても痛くならない」、「完璧なジャストフィット」などの付加価値を望むことはできません。
そういった高品質なものを望まれる場合は次項で説明する保険外の入れ歯を検討しましょう。

1−2保険外の入れ歯は値段により高品質なものが作れる

ある程度の費用負担を許容できる方については、先に記載したような「見た目の綺麗さ」「長時間つけていても痛くならない」などの付加価値を持った入れ歯が選択できるようになります。

最近は、付けていることが全くわからないほどの高品質なものや、歯茎とふれあう部分が痛くなりにくい素材のもの、インプラントのように顎の骨にボルトを埋め込み、その上に入れ歯を固定するなどこれまで取れやすさが問題だった入れ歯の問題点を解決できるようなものなど、たくさんの良い製品が開発されてきています。
その分費用も高額となり、数万円のものから100万円を越えるようなものまであります。
これも総入れ歯と部分入れ歯、どの部分でどのような効果を得たいのかによって全く値段が変わってくるので以下で部位別、パーツ別の違いについて見ていきましょう。

2.【保険外】総入れ歯の種類を紹介

それではまず、総入れ歯の保険外治療にどんな種類があるのかをみていきましょう。また、事前に知識として持っていただきたい部分があります。

それは総入れ歯は、
「人口歯」と言われる、自らの歯の代わりになる部分と、
「床」と言われる、歯茎と接触する部分の合計2つのパーツがあるということです。

総入れ歯の保険外治療は主にこの「床」と言われる部分の素材や固定方法をどのように選択するかなどで費用負担額が変わってきます。
治療のメリットと金額の相場を併せて記載しますのでぜひ、今後導入する場合の参考にしてください。

2−1フィット感を高めたプラスチックの入れ歯:25,000円〜

総入れ歯(レジン)
使用する素材など、基本的な作りは保険適用のものと同じなのですが、
治療に際して個々人に合わせてしっかり調整することができるので後々痛くなりづらく、
入れ歯の安定剤などを利用せずとも口腔内の筋肉と歯茎との高い密着性により外れにくくなります。

取れるのが怖いので何となく安定剤を利用するなどの安易な処置は、結果的に歯茎を痩せさせることになり、入れ歯の形が合わなくなるという問題を引き起こします。形が合わなくなった入れ歯は歯茎に痛みをもたらす原因になりますし、その結果食べ物をしっかり噛めないなどの問題も引き起こされます。保険適用からは金額が上がりますが、入れ歯は形が合わなくなった場合基本的に作り直す必要があるため、投資として選択する価値は充分にあります。

2−2シリコン製の床を使ったもの:400,000円〜

総入れ歯(シリコン)
文字通り歯茎と入れ歯が接触する部分にシリコンを導入した、噛んでも痛くなりにくい入れ歯です。

後から出てきますが金属アレルギーがある方も利用できるので人気の製品の一つです。入れ歯は自分の歯と比べて噛む力が3割から5割くらいまで低下すると言われており、「しっかり噛める」ということが想像以上にメリットに感じられると思われます。

2−3金属製の床を使ったもの:450,000円〜

総入れ歯(金属床)
床を金属にすることで強度を保ちながら厚みを削ることができ、入れ歯自体を口腔内に入れるという異物感を少なくできるのが特徴です。
また、食事や飲み物の温度感を伝わりやすくした入れ歯でもあります。
入れ歯の装着は、食事の際に飲食物が歯茎に触れなくなることで、味や食感が失われがちです。それを少しでも解消できるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

2−4トルティッシュプレートを使用した入れ歯:300,000円〜

先で説明した金属よりもさらに「食感や味覚を感じる」ことにこだわった入れ歯です。
こちらは上記金属床の画像の銀色の床部分に、小さな穴をたくさん開けるという特殊な加工をしているため、従来の入れ歯には難しかったレベルで飲食物の感覚を感じることができます
入れ歯にすることで大好きだった食事が楽しめなくなってしまったという方にはとても大きなメリットをもたらしてくれることになるでしょう。

2−5【オプション】磁石などアタッチメントでの固定:1セット 80,000円〜

部分入れ歯(マグネット)
入れ歯は差し歯やインプラントのようにガッチリと固定をするわけではないので、どんなにフィットするように作られても外れるリスクから逃げることはできません。
そんな問題を解決する方法が磁石などのアタッチメントで固定をする、というものです。

1これは歯茎側にマグネットを固定する部分(抜けてしまった歯の根っこの部分など)が必要で、制約もあるのですが、導入できた場合の「外れにくくなる」というメリットは大きいです。

2—6入れ歯を固定するミニインプラント:インプラントや歯の部分セットの価格 400,000円〜

インプラントとは、おおまかに言うと顎などの骨もボルトを固定して、そのボルトに対して義歯を装着する治療法なのですが、
本番のインプラントは一本ずつしっかりと固定していく必要があり、大規模な外科手術となります。また値段も一本あたり20万円〜など高額となります。

これに対して、まとめて骨に埋め込んだボルトに入れ歯を装着をするのがミニインプラントです。
ボルトを埋める以上手術は必要なのですが、インプラントほど大規模なものにはならず、術後も直ぐに食事ができるなどメリットが多いです。
こちらの処置が完了してしまえば、しっかりと物を噛める、外れる心配がないなどこれまで悩まれていた部分が一気に解決する可能性があります。もし金額面や手術に対しての心理的・身体的な負担を受け止められるようでしたらぜひ検討してみてください。

3.部分入れ歯で保険外ならスマイルデンチャー(ノンクラスプ):180,000円〜

【画像1:保険適用の部分入れ歯】
保険適用部分入れ歯

【画像2:スマイルデンチャー】
スマイルデンチャー

部分入れ歯は、残存する自らの歯に入れ歯を固定して装着するのですが、保険適用の部分入れ歯ではこの固定する部分(クラスプ)が、最も安価な金属製のものとなります(画像1)。
金属製のクラスプは口を開けた時に金具部分がみえてしまうなど見た目に難がある場合が多く、そんな時に登場するのがこのスマイルデンチャーです(画像2)。

こちらの製品は、クラスプが歯茎と同じ色のプラスチックで作られており、装着時にも入れ歯がかなり目立ちにくいというメリットがあります。しかし、強く噛むことには向かないため外出時や催事など、用途を絞って使うことをオススメします。
※クラスプが白いものなど類似した製品もあるのですが、用途・効用は基本的には同じですので割愛します。

番外編 思い切ってインプラントにする

インプラントは保険が適用されないため、20万円程度の費用がかかってしまう、顎の骨にボルトを埋め込む外科手術が必要になるという負担がありますが、ここをクリアできれば入れ歯使用で発生するストレスのほぼ全てをなくすことができます。
噛む力も自らの歯と変わらない程度に保てますし、清潔さ・見た目の綺麗さはピカイチです。
一度ボルトを骨に固定してしまえば万が一固定した仮の歯が取れてしまってもある程度容易に交換が可能です。(費用はかかります。)

もし資金に余裕があり、外科手術を乗り越えられるようでしたら思い切ってインプラントにしてみるのも手かもしれません。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。入れ歯の導入にあたり

保険適用内と保険外の入れ歯があること

保険外のものに関しては用途・目的により選ぶべき差し歯の種類が変わること

がご理解いただけたのではないかと思います。
実際に治療の相談で受診をされる場合は、こちらの記事の内容を復習した上でかかりつけ医との打ち合わせに望むことでスムーズに話が進む可能性が高まりますので、ぜひ受診前には読みなおしてくださいね。

☟入れ歯のお悩みについて歯医者に相談するなら

https://estdoc.jp/

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る