歯茎が腫れたときの応急処置と考えられる4つの原因

歯茎の腫れ
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯茎が腫れているけれど、痛みがなかったり、歯が痛くないけれど歯茎が腫れていたりすることはありませんか?歯茎はとても敏感で、体の不調を表してくれる場所でもあります。そんな歯茎が腫れているということは体からSOSのサインととらえてもよいでしょう。今回は、歯茎が腫れたときに一時的に抑える方法と、歯医者にいったほうがいい場合とそうではない場合についてみていきましょう。

1)歯茎が腫れたときにすぐにできる応急処置4つ

歯茎が痛む場合は、下記の方法を試してみてください。また、歯茎ではなく歯が痛い場合は、歯が痛いときの応急処置をまとめた【保存版】歯が痛い時に今すぐできる6つの応急処置と4つの禁止事項を参考に対処しましょう。

1-1、歯茎の腫れを抑えるために冷やす

冷やすといっても歯を直接冷やすのは逆効果です。まずは最初に、ズキズキ痛む部分を頬から冷やしてあげましょう。急激に冷やすことはおすすめできませんので、まずは湿布を小さく切って貼るか、濡れタオルを使い患部へ当てましょう。こうすることで過敏になっている神経を落ち着かせ、痛みを和らげることができます。

1-2、市販の痛み止めを飲む

ロキソニン、バファリン、リンクルアイビーなど、鎮痛効果や解熱効果のある市販薬をお持ちではないでしょうか?これらの市販薬で一時的に痛みを和らげることができますので、仕事中や就寝中など歯医者さんに行けないときは利用してみてもよいでしょう。

1-3、うがいをする

歯の周りの歯肉が腫れているなら、応急処置としてイソジンうがい薬を少し濃く作り、毎食後の他こまめにゆすぐと歯痛が落ち着きます。ただし歯肉の奥深くや根っこの先で腫れている場合はあまり効果がありません。

1-4、安静にして過ごす

歯茎が痛む時の原因が、歯が原因ではなく体調不良や不眠、ストレスの場合があります。その際は、どんな薬や治療よりも安静にして早めに就寝するといった休養が最も良い治療法になります。虫歯や歯周病といった構内環境の原因ではない場合は、休養をしっかりととるようにしましょう。

2)歯茎の腫れたときにやってはいけないこと4つ

2-1、血行が良くなり、痛みがさらに強くなる

運動などをすると血の巡りがよくなり、出血した場合は出血がとまらなくなる場合があります。また、血の巡りが良くなることで、より痛みが増すことがあるため、安静にして過ごすようにしましょう。

2-2、アルコールを摂取したりタバコを吸って歯茎を刺激する

お酒を飲むと血行が良くなるため、痛みが増しますし、歯茎を刺激することで歯茎の腫れが悪化してしまいます。また、出血している場合は、歯茎を刺激することで血が止まらなくなる原因にもなり、細菌を周囲に波及させる可能性があります。歯茎が腫れている場合はなるべく控えましょう。

2-3、歯茎が腫れた箇所を触る

当然の処置ですが患部を触らないようにしましょう。刺激を与えることもですが、手に付着した菌が患部に入り悪化させてしまう事があります。幹部がどうなっているのか触りたくなる気持ちは分かりますが、歯茎が痛い場合、舌先でも触れないようにしましょう。

2-4、歯茎にできた膿などを潰す

実際に膿が出てしまった場合、針などを使って自分で膿を出すことは可能かもしれません。
しかし、治療にはならず、下手に針などを刺したりすると、細菌が入ってしまう恐れもあります。ほとんど良い事はありませんので、なるべく手を出さずに歯医者へいきましょう。歯茎が腫れて、かつ膿が出る場合は歯医者でしか治せないものばかりですので、早めの治療と「歯茎 膿 の記事を参照」を参考にしてみてください。

3)歯茎が腫れてしまう考えられる4つの原因

健康な歯茎
歯茎が腫れていない状態、つまり健康な歯茎はきれいなピンク色の歯茎をしています。そうではなく、歯茎が腫れてしまうのには大きく4つの原因があります。その原因についてみていきましょう。

3-1、間違った歯磨きで歯茎が傷ついている

意外かもしれませんが、歯茎が腫れる一番の原因が間違った歯磨き法によるものです。
歯茎が腫れる要因として「口内が清潔に保てず、細菌が増殖して腫れる」というものが殆どです。その中でも間違った歯磨きをしていると口内の不清潔さが顕著に現れます。磨き残しなどにより食べ物カスで細菌が栄養分として増殖してしまい、歯や歯茎に腐敗物を生み出し歯が腫れると、最終的には歯周病などを発症して歯が無くなります。ただし、逆に気合いをいれてゴシゴシしすぎると歯肉が傷ついてそこから細菌が入り腫れてしまうこともあります。対処法は、正しい歯磨きをすることです。分からない場合は歯医者に行ってブラッシング指導を受けましょう。

3-2、ストレスや体調不良によるもの

体調不良やアルコールを摂取している

体調が悪くなったりアルコールを多く摂取したりしてしまうと歯茎の腫れという形でストレスのサインが出てきてしまうことがあります。この場合は睡眠や食事をとって体調を再び整えてあげると治っていきます。

口内炎によるもの

ストレスによって口内炎ができる場合があります。
通常自然に1~2週間で治りますが、それ以上たっても治る気配がなければ歯科を受診しましょう。
口の中を清潔に保つようにし、辛いようであれば歯科医院で軟膏などを処方してもらうこともできます。

3-3、口内が不衛生な状態になっている

喫煙をしている

喫煙も歯茎が腫れる原因の1つです。
歯茎が腫れる要因として「口内が清潔に保てず、細菌が増殖して腫れる」というものがありますが、タバコは口内を不清潔にしてしまいます。そのため歯茎が腫れてしまいます。方法としてはやはり禁煙が一番ですが、どうしても止められないようでしたら歯医者で定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。

細菌が歯と歯茎の間に入ったとき

これは虫歯治療をして、被せ物治療を行ったときに起こることがあります。
虫歯治療後に誤ってかぶせものと歯茎の間に細菌が入ってしまい、細菌が増殖してしまうことによって歯茎に炎症が出ます。とくに虫歯治療で神経を抜いているので気付かないことも多いようです。神経を抜いているため、痛みが出にくいのですが、歯茎が腫れた症状にその疑いがある人は速やかに歯医者にいってください。

親知らず周辺が痛む

親知らずは奥歯に生えるため、通常より入念に歯磨きをすることが難しくなってしまいます。食べ物カスが残りやすくなってしまい、細菌が増えて歯茎が腫れるということがあります。生え方によっては、虫歯になりやすいこともあり、親知らずを抜く要因の一つです。定期的に歯医者に行って歯のクリーニングをしてもらうなど、歯全体を清潔にすることが大切です。

歯周病になっている

歯肉炎、歯周炎において歯ぐきの際が腫れている程度で強い痛みがない場合です。歯ぐきの腫れや出血、歯が浮く、咬むと痛いなどの症状をくり返す場合は、中〜重度の歯周病の可能性が高いです。
歯茎が腫れている歯周病の場合は、自分で治療することが難しく、歯医者に行って治療することが必要です。基本的には原因となっている歯ぐきの周囲の歯垢をしっかり落とすことが治療となります。まずは自分自身でしっかりと歯垢を落とせるブラッシングを身につけましょう。軽度の歯周病の場合は、適切なブラッシングで治すことが可能なため、自宅でもできる!歯周病の正しい治し方と日々のケアを参考にしてみてください。

3-4、歯のトラブルが起きている

歯の根っこの先端に膿がたまっている

歯の根っこの先端に膿がたまり、腫れていることがあります。気がつかずに歯の神経が折れて歯の根に膿がたまることもあります。大きく腫れて強い痛みが出ている場合には、一刻も早く中に溜まっている膿を出す必要がありますので、歯ぐきを切開して膿を出すか、根の中から膿を出す通路を開通させます。歯茎が痛く、膿が溜まっている場合は自然治癒ができませんので歯医者へ行く必要があります。

歯周炎の急性発作がおきた

この場合は歯ぐきの中に大きく膿がたまって腫れている状態ですので、歯ぐきの歯周ポケットから膿が排出されてない場合は切開して膿を出すこともあります。根本的に歯周病の治療を行わなければ再発する頻度が増えてきます。歯周病の進行がかなり進んでいる場合には抜歯が必要となるケースもあります。

歯の根が割れている

痛みなどの症状がなく、気付きにくいため、歯医者へいってレントゲンをとる必要があります。また、当日炎症が強い場合はまず抗生剤・鎮痛剤にて炎症を抑え、後日抜歯が必要となります。歯の根が割れてしまっている場合は基本的に歯の保存をすることができませんので、早めに歯医者へいきましょう。

5)おわりに

歯茎がはれる原因は、口内環境だけではないのは意外ではないでしょうか?
もし、口内環境が原因の場合はできるだけ歯茎が腫れた症状が長引かないうちに、歯医者さんに行きましょう!そのままにしておくと、痛みや腫れが強まり、状態が悪化します。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る