歯の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)の種類と選び方

歯 詰め物 写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯の詰め物や被せ物にはいくつかの種類があるのを知っていますか?
歯の詰め物と聞くと、一般的には銀歯と呼ばれる銀色の詰め物を思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

銀歯(メタルインレー)は「金銀パラジウム合金」という金属が使用されており、保険内で治療できるため安価な料金で治療してもらえます。
一方、保険外治療では見た目に優れた詰め物(インレー)を詰めることも可能です。
このように、詰め物には複数の種類と特徴が存在します。

詰め物の種類や特徴を知っておくと、あなたにとって最適な詰め物を選べるようになります。

1)詰め物・被せ物の選び方

1−1.詰め物か被せ物、どちらを使用するか

詰め物(インレー)は、軽度の虫歯の治療に使われます。虫歯になった部分を削り、削った箇所に詰めるものが詰め物です。

被せ物(クラウン)は、虫歯の程度が大きくかつインレーでは補いきれない場合の治療に使われます。虫歯を削った後、人工の歯として被せるものが、被せ物です。

つまり、虫歯の程度や進行度によって、詰め物か被せ物のどちらで治療するかが決まります。

1−1.何を重視するのか明確にする

まず、詰め物を選ぶうえで大切なのが、自分が何を基準に詰め物を選ぶかを明確にすることです。
歯の詰め物には、大変たくさんの種類が存在しますので、基準がないと選ぶことが難しくなります。
自分に合っている詰め物は何か?料金や見た目、素材、機能性など、様々な要素が存在するため、最も重視することだけでも最初に決めてしまいましょう。

1−2.種類による特徴を把握する

次に、歯の詰め物にはどのような種類があるのかを把握します。

保険内か保険外か

保険が適用できるかどうかは、非常に大きな最初の選択肢といえます。保険内で収まれば1万円以下の安価な詰め物がほとんどですが、保険外となると高いものだと10万円を超えるもの詰め物もあるため、どちらを選択するのかで、大きな分かれ目になります。

見た目が綺麗か

詰め物と聞いて1番思い浮かぶのは、銀歯と呼ばれる詰め物ではないでしょうか。銀歯はよく使われている詰め物ですが、とても目立ちます。
一方、保険外のため高価格にはなってしまいますが、セラミックで作った詰め物は見た目が白く元の歯の色を再現できるため、見た目を重視する方にはおすすめといえます。

機能性はどうか

次に、機能性です。硬すぎず柔らかすぎない強度かどうか、変色しやすくないかどうか、割れやすくないか、擦り減りやすくないか、などなど、機能的に自分が納得いくかどうかも考慮することが大切です。

アレルギーの危険性はあるか

金属の詰め物には、金属アレルギーを引き起こす危険があります。現在は金属アレルギーの症状が出ていない方も、新たに金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。

2)保険内の詰め物(被せ物)の種類

種類 素材 詰め物料金 被せ物料金 メリット デメリット
レジン プラスチック 700~1,000円(保険内3割負担) 3,000~7,500円(保険内3割負担) ・料金が安価・色が白く歯に似ている

・治療期間が短い

・期間が経つと変色しやすい

・強度が弱く欠けたりすり減ったりしやすい

メタル 金銀パラジウム合金 1,300~1,800円(保険内3割負担) 3,000~5,000円(保険内3割負担) ・料金が安価・金属で強度が強い ・見た目が目立つ・金属アレルギーになるリスクがある

・金属が硬く歯が割れることがある

2−1.白い詰め物(コンポジットレジン充填)

コンポジットレジン
出典:http://www.honda-dc.net/html/infomation01.html

白い詰め物であるコンポジットレジン充填は、虫歯を削った後、歯科用のプラスチック(コンポジットレジン)を詰める方法です。

コンポジットレジン充填は保険内の治療法のため、700~1,000円と大変安価な料金で治療することが可能です。
保険外の白い詰め物(セラミックインレー等)を比べて変色しやすいことや強度が弱いなどのデメリットはありますが、一般的にはコンポジットレジン充填を利用する人が多いといえます。

2−2.銀の詰め物(メタルインレー)

銀歯
出典:http://www.apple-dental.jp/dental/karies/post_61.html

銀の詰め物であるメタルインレーは、主に奥歯の詰め物として利用されます。
コンポジットレジン充填と同様、保険が適用されるので700~1,000円の料金で治療することができます。
硬い金属を利用しているため、詰め物自体が割れることはほぼありませんが、逆に硬すぎるがゆえに噛み合う歯が割れたり痛めてしまうことがあることが特徴です。

2−3.保険内の詰め物はどちらがよく使われるのか

結論としては、どちらも大差なく使われています。
レジンとメタルインレー(銀歯)を比べると、レジンの方がメリットを多く感じるのではないでしょうか。特に、見た目を重視する方にとっては、銀歯に抵抗がある人が多いと思います。
実際に、最近は見た目を重視したレジンでの治療が増えています。

3)保険外(自費)の詰め物(被せ物)の種類

種類 素材 詰め物料金 被せ物料金 メリット デメリット
セラミック 陶器・焼き物 3万~8万円 10万~15万円 ・見た目が自然

・変色しない

・汚れがつきにくい

・保険外のため料金が高い

・割れやすい

・歯を削る量が多い

ハイブリッドセラミック 焼き物の粒子とレプラスチック 3万~4万円 5万~10万円 ・見た目が自然

・強度が程よい硬さ

・保険外のため料金が高い

・少し変色する

ゴールド 金合金や白金加金 3万~5万円 5万~10万円 ・金属アレルギーの原因になりにくい

・二次的な虫歯になりにくい

・強度が程よい硬さ

・保険外のため料金が高い

・見た目が目立つ

 

3−1.陶器・焼き物で作られた詰め物(セラミックインレー)

セラミックインレー
出典:http://www.hashimoto6480.com/ordinary/cover.html

白く見た目が綺麗な詰め物であるセラミックインレーは、陶器・焼き物で出来た詰め物です。
透明感があり、変色もしないので、見た目が綺麗で長く使えるところが最大の特徴です。

保険外のため料金が高いことと、少し割れやすいことがデメリットです。

3−2.セラミックとレジンを混ぜた詰め物(ハイブリッドセラミックインレー)

ハイブリットセラミックインレー
出典:http://www.igarashi-smile.jp/Webpage/hybrid-ceramic.html

ハイブリッドセラミックインレーは、セラミック(陶器・焼き物)と、レジン(歯科用プラスチック)を混ぜた保険外の詰め物です。
色は白くとても綺麗ですが、セラミックインレーと比べて期間が経つにつれて少しずつ変色していきます。

硬すぎずちょうど良い強度のため、他の歯を傷つけにくいメリットもあります。

3−3.金合金で作られた詰め物(ゴールドインレー)

ゴールドインレー
出典:http://www.hashimoto6480.com/ordinary/cover.html

金合金や白金加金で作られたゴールドインレーは、主に奥歯に使用される保険外の詰め物です。

銀歯(メタルインレー)と比べて、金属アレルギーになりにくく、強度も硬すぎないため他の歯を傷つけにくいメリットがあります。(ゴールドに対してもアレルギーの人がまれにいます)

4)歯の詰め物の種類の比較まとめ

下記に、「種類」、「色」、「変色の有無」、「強度」、「アレルギー」、「保険内」、「料金」の観点から歯の詰め物を比較しました。
自身で設定した選び方の基準をもとに、検討してみてください!

種類 変色の有無 強度 アレルギー 保険内 料金
コンポジットレジン充填 ◯:白 ×:あり ×:弱い ◯:なし 700~1,000円(保険内3割負担)
メタルインレー ×:銀 ◯:なし ×:強すぎる ×:あり 1,300~1,800円(保険内3割負担)
セラミックインレー ◯:白 ◯:なし ×:弱い ◯:なし × 3万~8万円
ハイブリッドセラミックインレー ◯:白 △:多少あり ◯:良い ◯:なし × 3万~4万円
ゴールドインレー ×:金 ◯:なし ◯:良い △:なし(稀にあり) × 3万~5万円

5)選んだ希望の詰め物を歯科医師にどう伝える?

希望の詰め物が見つかった場合は、治療前のカウンセリングや虫歯の治療が決まったタイミングで歯科医師の方に伝えます。希望を伝えない場合、今までの経験で決められてしまう可能性がありますので注意が必要です。
基本的には、希望をすれば希望通りの詰め物を治療に使ってくれることがほとんどです。

自分が希望した詰め物と勧められる詰め物が違う場合
希望する詰め物をおすすめされない場合も、まずは長年経験されている歯科医師の意見もしっかり聞くことが大切です。
カウンセリングの結果によっても、最適な詰め物は変わってきます。別の詰め物の提案には必ず理由があるはずなので、意見を聞いたうえで再度判断してください。
高い詰め物を勧められるのが心配な方は、あらかじめ電話で確認してみるのがいいでしょう。

最終的には、「自分の優先順位」と、「歯科医師のアドバイス」をもとに、最終決定します。

6)詰め物が取れたときの対処法

今までは詰め物の種類を説明してきましたが、もし歯の詰め物が取れてしまったときはどうすればいいのでしょうか?
歯の詰め物が取れた際は、取れた詰め物を必ずタッパーなどの容器で保存します。また、歯医者に行くまでは念入りに取れた歯を磨くようにしてください。

詳しくは、「歯の詰め物が取れた時の3つの対処法と4つのやってはいけないこと」の記事を参考にしてみてください。

7)まとめ

いかがでしたか?歯の詰め物にはたくさんの種類があります。詰め物によって特徴は様々なため、自分に合った詰め物を選ぶことが大切です。要は担当の歯科医師とよく相談し、納得されて決めてください。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る