歯槽膿漏・歯周病に効果的な薬|症状別13選

622a3c22cb06c7b497d7342b2dc32d8f_s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯槽膿漏によって、「歯磨き時に出血する」「歯ぐきが痛い」「口臭が気になる」と困っている人も多いと思います。薬だけでは歯槽膿漏を治すことはできないですが、実は、歯槽膿漏の”症状を緩和させる薬”や”治す手助けになる薬”は存在します!
歯医者に行かなければ入手できない薬もありますが、薬局や通販で購入できる薬も数多くあります。症状や進行度によって効果的な薬は変わりますので、自身の症状に合わせて薬を選んでください。

1)歯槽膿漏(歯周病)による“歯ぐきからの出血”に効果的な市販薬

歯周病の初期症状として、歯磨き時の出血が挙げられます。
この場合には、普段使う歯磨き粉を下記の歯周病に効果的なものに変えてみてください。初期の歯周病であれば、正しい歯磨き法+下記の歯磨き粉にするだけで治すことも可能です。
また注意点として、歯磨き自体が正しくできていないと、どんな歯磨き粉を使っても歯周病は治りません。正しい歯磨き方法は歯と歯ぐき間を細かブラッシングすることです。歯磨き法が詳しく知りたい場合は「自宅でもできる!歯周病の正しい治し方と日々のケア」をご確認ください。

1-1、”歯周病を治したい人”は、「アセス」

「アセス」は歯磨き粉には非常に数少ない医薬品です。
医薬品とは、配合成分によって“治す効果がある“と認められたもので、歯磨き粉にはこの商品以外に医薬品はありません。ほかの商品は医薬部外品や薬用という分類になり、予防や症状の緩和が目的になります。
asesu

参考価格:1,185円/180g(http://www.amazon.co.jp/dp/B007IGNEIY

1-2、”歯磨き時に歯がしみる人”は、「シュミテクト」

「歯磨き時に歯がしみて辛い」という方はコチラを使ってください。
上記の「アセス」とは違い医薬品ではありませんが、歯磨きが正しく出来ないと歯周病は悪化してしまいます。“硝酸カリウム”という成分がしみるのを防ぎますので、どうしても辛い方はコチラを使いましょう。
syumitekuto

参考価格:742円/90g(http://www.amazon.co.jp/dp/B00SM6FE3C

2)歯槽膿漏(歯周病)による“歯ぐきの腫れ”に効果的な市販薬

歯周病の初期症状としてもう一つ、歯ぐきが赤く腫れる症状が挙げられます。
先に挙げた正しい歯磨き法と歯磨き粉を用いても症状が改善しない場合、磨き残しが多い可能性があります。下記の2つは、使い方は違いますが、両方とも歯磨き後・就寝前に利用する市販薬です。自分が使いやすいタイプを選び、磨き残しによる歯周病菌の繁殖を防ぎましょう。通販で購入可能です。
ただし、歯石がある場合、まずは医者に行ってください。歯石がある限り細菌が増え続けますので、除去する必要があります。

2-1、歯ぐきに塗る薬「デントヘルスR」

歯ぐきに指で塗りこむタイプの薬です。セチルピリジニウム塩化物水和物という殺菌成分、
グリチルリチン酸二カリウムという抗炎症成分が歯ぐきの腫れを抑えます。ゲル剤のため、長時間歯ぐきに留まり有効成分が浸透しやすい特徴があります。
denthelthr

参考価格:698円/10g(http://www.amazon.co.jp/dp/B0052BRK1E

2-2、マウスウォッシュ「メディカルガーグル」

殺菌力の高いマウスウォッシュです。「デントヘルスR」と同じ成分が入っており、歯ぐきの腫れを抑える効果があります。薄めて使ううがい薬なので、刺激が強いと感じた際など、濃度を調節して使うことが可能です。
medicalgargle

参考価格:1,404円/100ml(http://www.amazon.co.jp/dp/B00FXJFF7G

3)歯槽膿漏(歯周病)による“歯ぐきの痛み”に効果的な市販薬

歯ぐきが痛むといった症状が現れたら、なるべく早く歯医者に行ってください。なぜなら、歯科治療なしでは完治しないほど歯周病が進行している可能性が高いからです。歯医者に行くまでの応急処置として、下記の痛み止めを使いましょう。痛みへの対処法と原因の詳細は「放置しておくと危険!歯周病による痛みの特徴と対処法」をご確認ください。

3-1、薬局で買える痛み止め「ロキソニンS」

すぐに歯医者に行けない場合、鎮痛効果や解熱効果のある市販薬を飲みましょう。「バファリン」「リンクルアイビー」なども同じような効果が期待できますが、特に「ロキソニンS」は、歯医者で処方される痛み止めとほぼ成分が同じで効き目が強い薬です。どれも薬局などで購入できます。
歯周病_痛み

参考価格:699円/12錠(http://item.rakuten.co.jp/soukai/4987107610867/

4)歯槽膿漏(歯周病)による“口臭”に効果的な市販薬

歯槽膿漏による臭いは「腐った玉ねぎのような臭い」がします。臭いへの対処法と原因の詳細は「歯槽膿漏・歯周病による臭いの原因と7つの対処法」をご確認ください。

4-1、マウスウォッシュ「コンクールF」

グルコン酸クロルヘキシジンという殺菌力・持続時間が長い成分が入っているマウスウォッシュです。歯磨き後うがいすることで、歯周病菌やムシ歯菌を殺菌する効果があります。薄めるタイプなので、口内の症状や状態に合わせて濃さも調節できます。
mausu

参考価格:927円/360~700回分(http://www.amazon.co.jp/dp/B002R5EVHY

4-2、マウスウォッシュ「パーフェクトペリオ」

上記の「コンクールF」よりも殺菌効果が高いと言われているマウスウォッシュです。「コンクールF」が1,000円/360~700回分に対し、「パーフェクトペリオ」が2,150円/30~40回分程です。短期的な効果を求めるなら「パーフェクトペリオ」、毎日のケアなら「コンクールF」と選択すると良いかもしれません。
m_1

参考価格:2,150円/30~40回分(http://goodmarker.com/detail.html?no=1

4-3、サプリメント「バイオガイア」

ラクトバチルスロイテリ菌という乳酸菌が含まれるサプリメントです。この菌が歯周病菌の働きを抑制することで口臭が抑えられます。注意点として、継続摂取しなければ効果が持続しません。通販で購入が可能です。
biogaia

参考価格:2,150円/30~40回分(http://reuteri.shop-pro.jp/

5)歯槽膿漏(歯周病)の“治療”に用いられる処方薬

下記の薬は歯科医師の診断の上、処方される薬です。症状の程度や箇所によってどの薬を処方されるのか変わります。

5-1、歯磨き時に使うスプレー「ぺリオバスターN」

歯周病の原因の一つである、真菌の殺菌効果がある液体状の歯磨き剤です。天然成分だけで構成されているため、副作用など体への負担が少ない薬です。
periobastor

参考価格:2,150円/30~40回分

5-2、歯磨き時に使うシロップ「ファンギゾンシロップ」

上記の「ペリオバスターN」と似た役割の薬です。こちらの方が殺菌効果は高い分、刺激も強い薬です。どちらを適切かは口内の状態などによって変わります。歯科医師の判断に任せましょう。
fangizon

5-3、歯と歯ぐきの間に注入する「ぺリオフィール」

抗生物質が入った軟膏です、先端がプラスチックの注射器のようなもので、歯と歯ぐきの間に注入します。細菌の住処となっている部分に直接作用するため殺菌効果が高く、炎症や痛みを治していきます。
periofeel

5-4、抗生物質「ジスロマック」

アジスロマイシンという成分が入った抗生物質で、他の抗生物質や殺菌効果のある薬が効かないほど細菌が強固になってしまっている際に処方されます。細菌が強固になっている状態を“バイオフィルム”というのですが、これを破壊し、その間に他の治療によって口内全体の細菌を除去します。
zithromax

5-5、溶けた骨を再生する「エムドゲイン」

歯周病が重度に進行すると、歯槽骨という歯の骨が溶かされてしまいます。それを再生させる薬がエムドゲインです。歯の表面の汚れを取り、溶けた骨の部分にエムドゲインを入れることによって、骨を再生させます。しかし、溶けた骨が全て再生するわけではありませんし、状態によってはそもそも治療ができない場合もあります。
emdgain14

まとめ

今回は歯周病の症状別に効果的な市販薬と、歯医者での治療に使われる薬を紹介しました。ただし、歯周病対策で一番重要なことは毎日の歯磨きです。まずは自身の歯磨きを徹底し、そのうえで効果的な薬を使って万全の歯周病対策をしましょう。歯周病対策の日々のケアはこちらよりご確認ください>>「自宅でもできる!歯周病の正しい治し方と日々のケア」

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る