歯医者で受ける定期検診の費用と受けた方がいい理由

teikikenshin
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯医者で定期検診を受けたことがありますか?
歯医者といえば、歯が痛くなったときや歯茎の腫れを見つけたときに行くイメージ強いかもしれませんが、歯医者の定期検診に定期的に通うことで、虫歯や歯周病になった時に支払う金額をぐっと下げることができるため、総合的にみて、歯科の定期検診は価格の面でもメリットがあります。
さらに、痛みなどの症状がないときに、歯を削ったり急に痛み出したりすることから解放されます。

それでは、定期検診の行くべき重要性と定期検診で行うことについてみていきましょう。

1.歯医者の定期検診とは?

定期検診というと、人間ドックやメタボ検診などを思い浮かべる人も多いでしょうが、歯科の検診も定期的に行うことで、自分の歯をいつまでも使える健康な口内でいつづけることが可能になります。

1-1.定期検診の必要性

歯医者の定期検診は、歯や口内の病気を早期発見し、予防につなげるために、必要なことです。歯に痛みがない場合でも虫歯ではなく歯周病・歯肉炎といった歯茎の病気を発症して歯を失うことがあります。特に、成人している日本人の約80%が歯周病といわれているため、誰にでも当てはまる可能性がある病気です。

そのため、多くの自治体で歯科検診を設けていたり(下記参照)、近年では歯科検診に行く人の数が増えていたりします。

1-2.歯医者の定期検診で行うこと

ここでは、歯科医師会がすすめる代表的な歯科検診の内容を取り上げます。

1,虫歯と歯茎(歯周病)チェック

虫歯は、歯の噛む面やつけ根だけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいものです。一度虫歯を詰め物をして治療してあっても、そのわきの方に新たな虫歯ができることもあります。

また、歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になります。自分では確認できない歯周ポケットの深さはどのくらいか、定期検診に行くことで確認しましょう。

2,ブラッシング指導(歯磨きの正しい方法)

歯と歯ぐきの正しい磨き方は、個人の歯並びや歯磨きの癖などのため、一人ひとり違うものです。歯科検診では、自身に合った、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を、歯医者さんに教わることができます。

また、歯垢は、虫歯や歯周病の原因ですが、これを自分できれいに取り去ることはとても難しいことです。どこにプラークがつきやすいかをチェックするために、ブラッシング指導の一環で歯垢の染め出しを行う歯科もあります。

3,歯垢、歯石を取る

日頃の歯磨きで取りきれなかった歯垢は、虫歯や歯周病の大きな原因となります。

できるだけ早く歯医者さんに歯垢を取り除いてもらいましょう。また、歯石は誰にでもつく上に、歯肉を圧迫するなどして、歯周病を引き起こす原因の一つとなります。自分で取り除くことは困難ですので、定期的に歯医者さんに行くことで歯石を取り除いてもらいましょう。

4,口内の粘膜の病気チェック

口内や舌、唇、口角などの粘膜にできる炎症には、口内やその周りに原因があるものと、全身的な原因があるものとがあります。また、口腔粘膜の異常は、口腔がんなどの病気の可能性もあります。普段から口内を清潔に保つとともに、定期的に歯医者さんで口内の粘膜の状態をチェックしてもらいましょう。

定期検診ですることは、歯医者によって異なりますので、かかりつけの歯科に聞いてみることをおすすめします。
ここで紹介したもの以外にも、顎関節症などの確認のレントゲン検査や虫歯予防のためのフッ素塗布、歯科相談など独自の検診に合わせたプランを設けている歯医者さんもありますので、かかりつけの歯医者に聞いてみることをおすすめします。

1-3.どのくらいの頻度で通えば良いの?

では、歯の定期検診にどれくらいの間隔で通えばいいのでしょうか?
定期検診に通う頻度ですが、一般的には下記のような間隔で通院することをおすすめしています。

・1歳から16歳未満 →:3〜4ヶ月に1度の定期検診
・20~30歳前後の方 →:3~6か月の定期検診
・30~50歳前後の方 →:3~4か月の定期検診
・50歳以上の方 →:1カ月~3か月の定期検診

年齢が上がるにつれて、歯周病などのリスクが高まりますので、定期検診の間隔は短くなります。
また、個人によっては、虫歯になりやすかったり義歯を入れていたりと口内環境が異なりますので、かかりつけの先生とよく相談しましょう。

2.どのくらい費用がかかるの?

2-1.平均費用は3,000円~4,000円

歯石除去を入れずに定期検診のみの費用ですと、保険適用内・3割負担であれば3000-4000円程度です。
顎関節症や親知らずなどの確認をせずに、レントゲンを撮らない場合にはさらに格安になり、2000-3000円程度で定期検診が可能です。

保険治療の範囲内でできるか、レントゲンを撮るかどうかで価格が変わってきますので、予約の際に費用を確認してもよいかもしれません。

2-2.虫歯になってから治療するより定期検診がお得!

歯医者へ定期検診することで、痛みや症状が現れた後に虫歯や歯周病になって治療するよりも総合的な費用でみると定期検診に通った方が、金額的にも時間的にもかなりお得です。

口内の病気は初期のころに症状が現れることは少なく、痛みや目に見える変化が見られる症状があるときにはある程度の費用と時間を使った治療が必要になります。

具体的な費用は、「歯医者でかかる料金の全てがわかる!症状別の治療費相場まとめ」を参考にしてみてください。

3.自治体の歯科検診の使い方

今年20歳や30歳、40歳の方は特に当てはまることが多いのですが、多くの自治体で歯科検診を実施していることをご存知ですか?

3−1. 自治体が行う歯科検診

「歯科口腔保健の推進に関する法律」が2011年(平成23年)8月10日に公布・施行されました。この法律の中で「歯科検診を受ける努力義務」が国民に課せられたことにより、近年、全国の自治体で節目検診への取り組みが広がりつつあります。この取り組みで、20歳や30歳、40歳などの節目の歳になる方は対象歯科検診の対象になることが多いため、一度お住いの市区町村のホームページにて確認しましょう。

自治体で受ける歯科検診は、費用負担が無料や少額負担でうけることができますが、検診以外の治療や歯石除去などは費用を払う必要が出てきます。
定期検診を考えている方は、自治体のすすめる歯科検診をきっかけにしてもよいでしょう。

3−2. 自治体の歯科検診の受診方法

地域によって差はありますが、下記に自治体で歯科検診を受けるまでの手順を記載しました。
詳しくはお住いの自治体の歯科検診情報を確認してください。

1.歯科検診の受診表を確保します

受診する対象者は自治体によって異なります。

ⅰ)歯科検診を希望する人の自己申告制の場合

歯科検診を申し込み制の自治体では、電話もしくはネット予約にて歯科検診の受診表を配布しています。 お問い合わせして、受診券を郵送してもらいましょう。

ⅱ)歯科検診対象者に郵送で受診券が送られる場合

申し込み制ではない自治体は、あらかじめ対象者に受診表を送付している場合がありますので、自宅を確認してください。もし、対象者で受診票が郵送されていない場合は、お住いの市区町村にお問い合わせしてみましょう。

2.歯科検診を受診する歯医者を指定した歯医者から選びます

あらかじめ自治体が指定する歯医者に予約します。
指定された歯医者はほとんどの場合歯科検診の受診票とともに郵送されますので、確認してください。

もしかかりつけの歯医者にて歯科検診を受けたい場合は、歯科医師会所属かどうか確認してみましょう。自治体が指定する歯医者のほとんどは歯科医師会に所属する歯医者さんです。

3.受診券と保険証を持って歯医者に行きます

歯科検診を受診する際は、必ず保険証を持参してください。
期間的には6月からはじまる地域が多いので、是非お住まいの地域で検索して歯科検診に行ってみてはいかがでしょうか。
参考:新宿区民必見の歯科検診(歯科健康検査)がスタート!400円で歯医者に行ける!!

4.まとめ

歯医者でうける定期検診は、痛みや症状が現れる前に防ぐ予防医療になります。口内が痛み出した後に治療する場合と、早期に口内の病気を発見し治療する場合では、歯の負担や費用の負担が後者の方がはるかに軽くなります。
しばらく歯医者に行っていない方も、久しぶりに自身の歯と向き合ってみるのもよいでしょう。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る