予約なしで歯医者に行っても大丈夫?

歯医者 予約なし
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯医者にいくときに、予約なしでいけるのか。歯が痛いときや、最近歯医者にいってないなとふと思ったときに、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。歯医者に行く時はできるだけ予約して行くことをおすすめしますが、この記事では、歯医者に予約なしで行く方法とそのリスクについて見ていきましょう。

現在は当日予約や直前予約をしている歯医者もありますので、記事の後半で説明します。

1)予約なしで歯医者に行く方法

歯が痛い、顎が痛い、口内の違和感が酷いといった場合を想定してみてください。緊急性の高い痛みや症状がある場合は、自治体によっては緊急受け入れの歯医者を指定しているところもありますが、今後の治療も考えると、通いやすいところを選択したいのではないでしょうか?

それでは予約なしで歯医者へ行く方法についてみていきましょう。

1-1,事前に、予約なしで受け入れ可能かの確認

まず、歯医者には完全予約制と初診のみ随時受付をしている歯医者があります。多くの場合、ホームページや医院店舗の看板に記載していますので確認をしましょう。記載がない場合は、電話で問い合わせをしましょう。可能ならば、そのまま当日の予約を入れましょう。

また、かかりつけの歯科がある場合は検査時間を短縮できるため、そちらを選択することをおすすめします。

1-2,必ず電話で相談しましょう

緊急性のある症状も、症状ごとによって処置する内容・時間が異なります。そのために必要な機材の確認も事前に行っておくとスムーズです。医院によっては症状によって専門の担当医を配置している場合もありますので、しっかりと相談しましょう。

また、遅い時間ですと予約が入っていないため先生が早目に帰宅されるなど、先生が不在の場合もあります。こうした事態を防ぐためにも、しっかりと電話にて行くことを確認しましょう。

1-3,通常の時間よりも治療時間が延びる可能性があります

予約制の医院へ行ったことのある方は余計に体感するかもしれませんが、予約なしで歯医者へ行った場合は、通常よりも多くの治療時間がかかってしまう場合があります。多くの歯科医院が初診の時間を多めに取っている場合は、検査など、まずは個人の口内環境を知るところから処置を始めるためです。加えて、予約制と同時に随時患者を受け付けている場合は、予約した患者が優先的に治療されることが殆どです。そのため、予約した患者の治療の合間に予約なしで来た患者を診ることになり、治療時間が延びるケースもあります。

なるべく早く治療時間を終えたい場合は、やはり事前に予約することが重要です。

1-4,きちんと最後まで通院して通いましょう

予約なしで歯医者さんへ行きたい方の中には、「とりあえずの応急処置」「歯が痛いのを止められたら」と一時的な治療のみを求められるケースも少なくありません。しかしながら、痛みやしみるといった症状がある場合は、治療ではなく腫れを引かせる、炎症を減らすといった応急処置にとどまってしまうケースがあります。痛みが止めば歯医者に通わなくなる場合はきちんと処置ができていないため、再び悪化した症状が現れます。
そうならないように、きちんと予約なしで行った歯医者にも通うように心がけましょう。

2)歯医者さんへ予約なしで行くことは迷惑?

2-1,多くの歯科は応急処置をしてくれる

歯医者では多くの場合、痛みの症状がある際に応急処置をしてくれます。
しかしながら、あくまでも応急処置程度のため、きちんと治療を行わなければなりません。
事前にしっかりと電話で確認と相談することをおすすめします。

2-2,炎症していた場合は、治療ができない可能性もある

歯茎や口内が炎症していた場合、炎症を抑えてからでないと治療できないことがあります。そのため、一時的な対処としてできることは限られています。何度も通院しなければならないや、まだ治っていない、など、治療に対して不安になった場合は、きちんと説明していただきましょう。

最近では、歯科治療に対しコーディネートやインフォームドカウンセリングを設けている歯医者も少なくありません。

2-3,他の予約をしている患者への配慮

予約制をとっている歯医者さんが殆どです。急に歯医者へ行く場合、歯医者は予約制の患者を優先して治療します。そのため、中には歯医者へ行き待たされることや、治療時間が長引くことに対する不満をあらわにするケースもみられます。事前に予約を受け付けている医院が多いので、できるだけ予約を取るようにしましょう。

3)多くの歯医者が予約制の理由

3-1,歯科は診察内容によって先生の診療時間が異なる

先の文章で少し触れましたが、歯医者の治療は、診療内容によって時間が異なります。加えて、歯医者の場合は、先生が患者さんを直接治療している時間が他の診療科よりずっと長いので、予約制によって治療できる時間を調節しています。

3-2,初めて歯医者に行く場合は、歯の周りの検査をすることから始める

歯医者では治療を始める前に、虫歯や歯周病があるかどうか、あるとしたらどの程度、進行しているか、を把握し、さらに現在の状況に至った原因を調べるために必要な資料を初診の日から数回に分けて取得します。

口内では痛みだけではわからない、悪い部分を放っておくと、のちに悪化して、歯を失ってしまう原因になる場合もあります。そのため、最初にしっかりと検査を行います。 下記によくある初診の検査をまとめてみました。

問診・・・・・・ ・歯科医が症状や普段の生活や服薬について把握します。
X線写真撮影 ・・・虫歯や歯周病の進行状況を調べます。
口腔内写真撮影・・・虫歯や歯肉の状態などを調べます。
スタディモデル印象(歯型とり)・・・複雑な治療のばあいは、口の中全体の上·下の型をとり、模型を製作します。より詳しい治療計画を立てるために使用します
歯周精密検査・・・歯周病の進行状況を詳しく調べます

進行度合いによりますが、初診の場合通常は1時間から2時間みておきましょう。

3-3,歯の治療計画を立てて治療を行う

歯医者では治療ごとに順番が決まっています。加えて、炎症がひどい場合には、炎症を抑えてから、歯が汚くて治療に支障をきたす場合はスケーリングからなど個人によって治療期間がことなります。さらに、口内の治療は体に負担もかけるため、一気に治療できない病気や経過をみなければならない病気もあります。
こうしたことから、歯科治療は計画的に治療を進めていきますので、きちんと予約を取ることができるのです。

3-4,痛みを治すから予防治療へ

歯医者へ予約なしで行く場合に、痛みがあることや、違和感があるといったことはないでしょうか?
歯科で治療する病気の中には、進行が初期の頃は症状がないものが多くあります。殆どの場合が、病気が進行してしまい、症状が痛みとして現れるのです。

そのため、半年に1度を目安にして、歯医者へ定期的に通うことが有効です。痛みが現れるほどの症状は、治療期間や治療費が高額になるものが少なくありませんので、予防として、定期的に歯医者へ予約を入れましょう。

4)当日予約や直前予約も検討しましょう

医院によっては当日のキャンセルなどの影響で予約受付が可能な場合もあります。また、エストドックでは、直前予約を受け付けている医院を多く掲載しています。
エストドック:http://estdoc.jp/

歯医者に行く時、そのまま行くのではなく事前に電話で確認することでスムーズに受けられる可能性がおおきくなるので、ぜひ事前に予約をとりましょう。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る