歯医者でかかる料金の全てがわかる!症状別の治療費相場まとめ

歯医者 料金
クレプラ編集部この記事の監修者

クレプラ編集部先生

内科, 外科, 歯科, 皮膚科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯医者での治療で気になるのは料金ですよね。前に虫歯でかかったときはこれくらいだったから…とアタリをつけていっても、いざお金を支払う段階になると倍くらい高い料金を請求されてびっくりさせられたり、かと思えばぜんぜん安い料金で済んだり…。

患者側からすると何を基準に料金が決められているのかわからないので、「歯医者に行きたいけど、料金がどれくらいかかるのかわからなくて不安」「今日はやけに安いけど、この歯医者さん今日は手抜きしてないの?」など、不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

しかし実は、歯医者の料金は保険内の治療であれば計算方法が明確に定められています。本記事では、歯医者における料金の考え方と、治療法別にわかる料金の相場を紹介します。

料金相場を把握して、不安なく歯医者にいけるようになりましょう!

広告

1)歯医者の基本的な料金について

1−1.保険治療と保険外治療(自費診療、自由診療)の違い

歯医者の治療費には、健康保険が適用できる保険治療と、健康保険が適用できない保険外治療(自費診療、自由診療)の大きく2つの種類に分けられます。目の前の費用を抑えたいのであれば、3割負担が適用される保険治療がおすすめです。しかし、保険治療の場合は最低限の機能回復を目指して治療するため、場合によっては再度治療が必要になることもあり、結果的に費用が多くかかってしまう可能性がありますので要注意です。

保険診療 保険外治療(自費診療、自由診療)
治療費 小額(3割負担)※負担は年齢や所得により異なります 高額
材料 制限あり(最低限の機能回復用) 制限なし(一人ひとりの症状に適した素材など高価なもの)
治療方法 制限あり 制限なし(外科処置や再生療法など高度な治療も可)
時間 制限あり 十分確保できる
耐久性 治療内容によっては破損しやすい ほぼ問題ない耐久性を得られる

1−2.診療報酬の計算方法

冒頭でも触れたように、保険内であれば歯医者(病院)の料金は日本医師会によって明確に定められた社会保険歯科診療報酬点数早見表で決定します。原則として、「基本診療料+特掲診療料+加算」の組み合わせで決まります。

各診察内容によって定められた点数の合計×10円が請求金額となり、保険治療の場合は金額の3割が患者さん本人の負担額になります。

参考:社会保険歯科診療報酬点数早見表

1−3.初診料と再診料

診療内容以外に、その医療機関で初めて診療を受けた際に発生する初診料や通院した時に発生する再診料が別で存在します。

平成27年4月1日から実施された早見表によると、歯科初診料が234点、歯科再診料が45点と定められています。下記図が計算式をまとめたもので、保険内の場合、初診料は700円、再診料は140円が患者さん本人の負担額となります。

※1円台は四捨五入
初診料

2)虫歯の進行度別の治療法と治療費の相場

まず、簡単に進行度による治療法、費用、通院目安をまとめました。順番に、費用の詳細と治療法の特徴をみていきましょう。

進行度 症状 治療法 費用 通院目安
CO 痛みがない 適切な歯磨き・フッ素塗布など 0〜1,500円程度 0〜1日
C1 ほとんど痛みがない(水がしみる程度) レジン充填 1,500円〜2,500円程度 1日
C2 痛みがあり(冷たい食べ物がしみる) 詰め物(インレー) 1,500円〜60,000円程度 2日
C3 激しい痛み(何もしてなくても痛い) 被せ物(クラウン)・差し歯 3,000円〜150,000円程度 4〜5日
C4 ひどい臭いのする膿が出たり、顔が腫れる(神経が死んで、痛みを感じない) 抜歯+インプラント or ブリッジ or 部分入れ歯(or 被せ物) 5,000円〜900,000円程度 5日〜

 

2−1.痛みをほぼ感じない虫歯(C1)

虫歯がエナメル質の内部に達している状態です。C1の段階で歯医者に行けば、虫歯になった部分を取り除いて、詰め物(レンジ)を詰めるだけの簡単な治療ですみます。麻酔も使わず、費用も1,500円〜2,500円程度と安価です。

2−2.少し痛みを感じる虫歯(C2)

虫歯がエナメル質の下にある象牙質にまで進行している状態です。基本的に麻酔を使って治療を行い、削った箇所にインレーを詰めます。

詰め物(インレー)には複数の種類があり、種類によって見た目や費用に大きな違いがあります。

まとめると、費用を優先するなら「金銀パラジウム合金インレー」、見た目を優先するなら「セラミックインレー」、耐久性や適合性を重視するなら「ゴールドインレー」をおすすめします。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 特徴
金銀パラジウム合金インレー 1,300~1,800円 5,000~3万円 費用は安いが、5年前後で何かしらのトラブルが起きやすい
セラミックインレー × 3万~8万円 見た目が自然で、変色もしない
ハイブリッドセラミックインレー × 3万~4万円 自然な見た目だが、年数が経つと変色あり
ゴールドインレー × 3万~5万円 固さが歯に近くて耐久性がある。適合性が高い。

2−3.激しく痛む虫歯(C3)

虫歯が象牙質を破壊し、歯髄にまで達している状態です。歯全体にクラウンを被せる治療を行います。

まとめると、費用を優先するなら「合金(金銀パラジウム)」と「硬質レジン」、見た目を優先するなら「オールセラミッククラウン」、耐久性や適合性を重視するなら「ゴールドクラウン」、見た目と耐久性のバランス重視なら「メタルボンド」をおすすめします。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 特徴
合金(金銀パラジウム) 3,000~5,000円 2万~5万円 費用は安いが、銀歯で目立つ。
硬質レジン前装冠 5,000~7,500円 2万~5万円 費用は安いが、プラスチックが素材で変色しやすい
硬質レジンジャケット冠 3,000~5,000円 3万~4万円 費用は安いが、プラスチックが素材で変色しやすい
オールセラミッククラウン × 10万〜15万円 とても綺麗。変色しない。
ハイブリッドセラミッククラウン × 5万〜10万円 歯に優しい素材だが、年数が経つと変色あり
メタルボンド × 10万〜15万円 とても綺麗。割れにくい。
ゴールドクラウン × 5万〜10万円 耐久性が高く、適合性が最も良い。

2−4.神経が死んで痛みを感じないほど悪化した虫歯(C4)

歯が溶けて、歯を通りこした歯茎や歯槽骨にも虫歯菌が達した状態です。歯を残すことが困難なので、「インプラント」、「ブリッジ」、「部分入れ歯」などの治療を行います。それぞれ、素材によって種類は複数存在しますが、ここではあくまでどの治療方法を選ぶかを選択するための情報をまとめています。

まとめると、費用を優先するなら「ブリッジ」と「部分入れ歯」、見た目を優先するなら「インプラント」をおすすめします。各治療法の詳細は下記にまとめているのでご参考にしてください。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 特徴
インプラント × 15万~50万円 自分の歯と同じような見た目や機能が期待できる
ブリッジ 2万~4万円 15万~90万円 支柱となる両側の健康な歯を削らなくてはいけない。
部分入れ歯 5,000~13,000円 15万~50万円 毎日、消毒・清浄の必要がある

※「インプラント」、「ブリッジ」、「部分入れ歯」の保険外治療費については、各歯医者によってかなりの差があります。ざっくりとした価格帯は把握しておいて、詳細については歯医者さんに行って直接聞いてみましょう!

広告

3)治療別、料金目安一覧

具体的に、料金の目安をみていきましょう。「保険治療費」、「保険外治療費」、「通院目安」を表にまとめていきます。

3−1,歯周病の治療費

歯周病の治療は、まず検査によって進行度を調べます。その後、進行度によってスケーリングと呼ばれる歯石の除去やルートプレーニング、ひどい場合は外科治療や再生療法を行っていきます。

初期、中期、重度の進行度によってかかる治療費目安も記載していますので参考にしてみてください。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
治療前検査 600~3,000円 2,000~2万円 1日
スケリング(石取り) 750~900円/全ての歯 2,500~8,000円/全ての歯 1〜2日
ルートプレーニング 180~220円/1本 600~5,000円/1本 1〜3日
歯周外科治療 3,000〜5,000円 1万~15万円 長期
歯周再生療法 × 3万~15万円 長期

 

合計 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
初期歯周病 5,000~1万円 1万~5万円 2~5日
中等度歯周病 1万~5万円 5万~50万円 8~10日
重度歯周病 3万~10万円 20万~300万円 8~20日

初期の歯周病の場合は、自宅での対処も可能ですので自宅でもできる!歯周病の正しい治し方と日々のケアも参考にしてみてください。

3−2,総入れ歯の治療費

総入れ歯に関しては、どの種類の入れ歯を選択するかによって費用が決まります。予算や特徴を踏まえて、自分に最適な入れ歯を選びましょう。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
保険(プラスチック) 1万~2万円 2万~6万円 1週間~3ヶ月
金・プラチナ × 15~60万円 1週間~3ヶ月
純チタン・チタン合金 × 20万~40万円 1週間~3ヶ月
コバルトクローム合金 × 15万~25万円 1週間~3ヶ月
バイタリューム合金 × 15万~25万円 1週間~3ヶ月

3−3,歯牙移植の治療費

歯牙移植とは、歯を失った場所に親知らずなどの自分の歯を移植する治療法です。親知らずを移植する歯として利用するなど条件が揃えば、保険適用となる場合があります。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
歯牙移植 7,000~1万円 2万~5万円 3ヶ月~10ヶ月

3−4,歯列矯正(矯正歯科)の治療費総入れ歯の治療費

歯列矯正の治療は、まずは検査・診断からはじまります。その後、検査結果や患者様の意向をもとに矯正の種類を決定していきます。歯列矯正の治療は全て保険外治療となります。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
治療前検査 × 2.5万~5万円 1日
ワイヤー矯正 × 50万~100万円 月1回を1~3年間
マウスピース矯正 × 30万~90万円 月1回を1~3年間
裏側矯正 × 80万~150万円 月1回を1~3年間

3−5,ホワイトニングの料金・価格・治療費

ホワイトニングには大きく2種類の方法があり、それぞれの料金を下記にまとめています。

また、ホワイトニングは保険外治療となるため、歯医者さんによって費用の変動が大きく、よく確認してから治療を行いましょう。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
ホームホワイトニング × 2万~5万/上下12本 自宅で行う
オフィスホワイトニング × 2,000円~1万/1本 1~5日

3−6,知覚過敏の治療費

冷たい物が歯にしみる症状が知覚過敏です。比較的安価な治療費です。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
知覚過敏の治療 150円 1,000円~2,000円 1~5日

歯がしみる症状の対処法は、歯がしみる原因は知覚過敏!原因と対処法は!?をご確認ください。

3−7,顎関節症の治療費

顎関節症も、実は歯医者で治療を行うことが可能です。症状が軽度か重度かによって治療費に大きく差がありますので、よく確認してから治療を行いましょう。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
顎関節症の治療 8,000円~8万円 5万~500万円 状況によって大きく変動あり

※「顎関節症」の保険外治療費については、症状の重度によってそもそもの治療内容が大きく変わるため、各歯医者によってかなりの差があります。ざっくりとした価格帯は把握しておいて、詳細については歯医者さんに行って直接聞いてみましょう!

3−8,歯ぎしりの治療費

歯ぎしりの治療は、主にマウスピースを使用します。保険適用の治療であれば、5,000円前後の料金で治療を行えます。

治療内容 保険治療費 保険外治療費 通院目安日数
歯ぎしりの治療 5,000円前後 5万~100万円 3ヶ月~

歯医者での治療をおすすめしますが、歯ぎしり用のマウスピースを早急に検討されている場合は、歯ぎしり用マウスピースを使うときの4つの選択肢をご参考くださいね。

4)歯医者の料金が高すぎると感じるときは?

4−1,明細書をもらって確認する

歯医者の料金があまりにも高すぎると感じたら、患者に対しての医療費の明細書を無償発行することが2010年5月より義務化されていますので、まずは明細書をもらって内容を確認しましょう。

※明細書発行が義務づけられているのはレセプトコンピューターを使用している医療機関

参考:http://www.rengo-iryoumeisai.org/where/schedule.html

明細書のどこを確認すればいいか?
確認する箇所は、「項目」と「点数」です。自分が受けた治療内容が「項目」の箇所に記載されていますので、おかしな項目や身に覚えのない治療項目がないか確認します。

「点数」の×10円が該当する項目の料金なので、高すぎると感じた場合は「点数」をもとに、どこに料金が多く加算されているのか確認しましょう。

4−2,料金を相場価格と比較してみる

明細書の詳細を確認できたら、本記事の料金相場と比較してみましょう。あまりにも乖離がある場合は、どこかで余計な費用がかかっているかもしれません。

5)まとめ

料金の相場を知ることで、費用面での不安がなく歯医者さんに行けるようになります。高くなりがちな医療費、ムダなお金は絶対にかけたくありませんよね。
また、料金だけでなく、さらに歯医者の詳しい選び方に着目したい場合は、良い歯医者の選び方12のポイントと治療別の選び方6選を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、各治療内容の料金知識を持つことで、自分がしてほしい治療内容を今までよりも医師の方に的確に相談できるようになりますので、歯の健康向上にも繋がりますよ。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連している記事

歯の健康に関する情報はSNSでの購読が便利です。

一番上に戻る